KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2024年3月の記事

  1. Researcher advocates for the infrastructure development of wastewater surveillance
    遠藤礼子:新型コロナで注目、下水サーベイランスのインフラ化を推進
    下水からその地域に住む人々の感染状況が分かる「下水サーベイランス」。新型コロナのパンデミックで一躍注目されたこの技術の米国での普及をリードしたのが、当時スタートアップに勤めていた遠藤礼子だ。 by Shosuke Shimada2024.3.26
  2. 人工知能(AI)を活用して新薬開発をスピードアップすることを掲げる企業が急増。そのうちの1社であるインシリコ・メディシンは、致命的な胚の疾患の治療薬において、ヒトを対象とした第2相臨床試験まで初めて進み「真のAI創薬」を実現したと主張している。by Antonio Regalado2024.3.25
  3. デング熱撲滅へ新たな試み、不妊化した蚊をドローンで放出
    デング熱などの蚊が媒介する感染症対策として、ブラジルのスタートアップが不妊化した蚊をドローンで放つ研究を進めている。 by Jill Langlois2024.3.22
  4. 下水浄化で活躍するバクテリアの驚くべき力
    私たちが飲んで体外に排出される薬剤の成分、シャンプーや美容液などが流れ込む下水の処理施設は、こうした汚染物質を処理するように設計されていない。ところが、臨機応変に対応する微生物にとっては宝になるかもしれない。 by Cassandra Willyard2024.3.19
  5. 日本で承認された新世代mRNAワクチン、従来とどう違うのか?
    昨年11月、日本で承認された自己増殖型mRNA(saRNA)ワクチンが注目されている。従来のmRNAワクチンとどう違うのか。 by Cassandra Willyard2024.3.7
  6. This company makes wood products without trees
    木を使わずに木製品を作る、MIT発バイオベンチャー
    植物の葉から抽出した細胞を使って、木を伐採せずに木製品を作り出す。フォレイ・バイオサイエンス(Foray Bioscience)が目指す、新たなモノづくりだ。by Abdullahi Tsanni2024.3.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る