KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

コンピューティング 2024年4月の記事

  1. How Antarctica’s history of isolation is ending—thanks to Starlink
    第7の大陸、南極は常に荒涼とした、世界と断絶した場所だった。イーロン・マスク率いるスターリンクの衛星インターネットはそれを変えようとしている。 by Allegra Rosenberg2024.4.24
  2. AI技術の進化に伴い、「ユーザー」という言葉の再考が求められている。テクノロジーとの関わりをより人間味のある形で表現する新たな用語への転換が提案されている。 by Taylor Majewski2024.4.23
  3. 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
    米国の経済制裁を受けて半導体チップの国産化を目指す中国は、日本企業である「味の素」が市場を独占する半導体部品への依存を減らすために新材料の開発を進めている。だが、長年続いてきた同社の牙城を崩すことは、容易ではないだろう。 by Zeyi Yang2024.4.19
  4. 半導体で使われる誘電体フィルム市場の90%以上を握る味の素。この牙城を狙って、米国のスタートアップが参入を計画している。AIブームで高まる需要と、米国で昨年成立した半導体・科学法(CHIPS法)が追い風だ。 by James O'Donnell2024.4.16
  5. 「アクセシビリティとテクノロジー 」アーカイブ配信(Syrinx)
    最先端のアクセシビリティ支援ツールはどこまで進歩し、どのような支援を可能にするのか。MITテクノロジーレビューが3月14日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 by MIT Technology Review Event Producer2024.4.10
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る