KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。
デビッド ユーイング ダンカン[ David Ewing Duncan ] 英語版
デビッド・ユーイング・ダンカンは、テレビやラジオの特派員、プロデューサー、起業家であり、21言語に刊行され、数々の賞を受けたベストセラー9冊の著者です。アーク・フュージョンのキュレーター兼CEOであり、IDEOでは保健衛生担当の常勤戦略アドバイザーを務めています。米国のニュースサイト「デイリー・ビースト」のコラムニストで、米国のラジオ放送局NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)のトーク番組「バイオテック・ネーション」の支局長です。ニューヨーク・タイムズ紙やアトランティック誌、MIT Technology Review誌、フォーチュン誌、ワイアード誌等、多くのメディアで記事を書いています。NPRの番組「モーニング・エディション」のコメンテーターやABCの番組「ナイトライン」、「20/20」の特派員を務めていました。近刊書として「164歳になったとき:急進的寿命拡張の新科学(When I’m 164: The New Science of Radical Life Extension)」(未邦訳)や「実験人類の成功で何が起きるか( What Happens If It Succeeds and Experimental Man)」(未邦訳)がある。カリフォルニア大学バークレー校では、生命科学センターの創設者兼所長を務めています。
  1. 2017.10.19
  2. 2016.07.29 「強化人間」の是非
    米国民の5割以上は否定的
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る