KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
メリッサ・ヘイッキラ 19 Stories
プロフィールを見る
  1. 知性を宿す機械
    「生成」ブームの2022年、AIは来年どこに向かうのか?
    2022年は画像生成AIに代表される「生成AI」が一大ブームとなった。次に話題になりそうなAIは何だろうか? Melissa Heikkilä3時間前
  2. 知性を宿す機械
    カメラ映像で階段も上り下り、CMUのロボット犬は地図なしで歩く
    あらかじめ用意した地図に頼らず、カメラで捉えた映像だけで階段や地形を認識して歩行できるロボットを、カーネギーメロン大学のチームが開発した。 Melissa Heikkilä15日前
  3. 知性を宿す機械
    大規模言語モデルの構築に伴い、二酸化炭素が大量に排出される。AIスタートアップ企業ハギング・フェイスは業界で初めて、AIモデル構築のライフサイクル全体における二酸化炭素排出量を推定する手法を考案した。Melissa Heikkilä21日前
  4. 知性を宿す機械
    AIの持つバイアスが明らかになるにつれて、倫理的なAIを求める声が高まっている。だが、企業で実際に倫理的AIの実現に向けて取り組んでいる人たちは、十分な支援を受けていないだけでなく、AI業界で疎んじられてさえいる。 Melissa Heikkilä30日前
  5. 知性を宿す機械
    深層学習でタンパク質設計を支援、創薬や新材料研究を加速
    ワシントン大学の研究者グループが開発した「プロテインMPMM(ProteinMPNN)」は、深層学習を使ってタンパク質の設計を支援することで、がん治療や新材料の研究に役立つ可能性がある。 Melissa Heikkilä31日前
  6. 知性を宿す機械
    バグ報奨金にヒント、「AIのバイアス」を探す競技会始まる
    AIシステムに含まれるバイアスを検出するコンペティション(競技会)が10月20日から11月30日にかけて実施されている。AIが社会のさまざまな局面で利用されるようになった現在、こうした監査の重要性は増している。Melissa Heikkilä46日前
  7. 知性を宿す機械
    米バイデン政権が「AI権利章典」を発表、テック企業に説明責任
    人工知能(AI)の悪影響から保護するため、バイデン大統領は5項目で構成されるAI権利章典を発表した。市民団体、テック企業の双方から歓迎の声が上がる一方、強制力を持たないため効力を疑問視する声もある。 Melissa Heikkilä63日前
  8. 知性を宿す機械
    消費者がAIシステムで被害を受けた場合、AI企業に対して損害賠償を求める権利を認める新法案が欧州連合から発表された。消費者たちの権利団体や活動家からは法案では不十分だとの声も聞かれ、テック企業の攻防が激しくなりそうだ。 Melissa Heikkilä65日前
  9. 知性を宿す機械
    今度は「テキストから動画」、メタが生成AIを発表
    メタ(旧フェイスブック)は「テキストから短編動画を生成する」AIシステムを発表した。生成型AIの画期的な進歩だが、将来的にフェイク動画の生成につながる可能性があるなど、倫理的な問題を提起している。Melissa Heikkilä66日前
  10. 知性を宿す機械
    「AIに埋め尽くされる」
    画像生成AIブームの影で
    苦悩するアーティスト
    ステーブル・ディフュージョンやミッドジャーニーなどのAIシステムが生成した画像が、ネット上のいたるところで見られるようになった。しかし、こうしたAIは既存の画像を用いて訓練されているため、アーティストたちにとって死活問題だ。Melissa Heikkilä72日前
  11. 知性を宿す機械
    ググった結果からも学ぶ、ディープマンドのチャットボット
    グーグル傘下のAI企業であるディープマインドは、人間のフィードバックから学習し、主張の裏付けとなる情報をインターネットから検索するように訓練したチャットボットを発表した。 Melissa Heikkilä73日前
  12. 知性を宿す機械
    GPT-3は「私」について
    何を知っているのか?
    オープンAIの「GPT-3」のような人工知能(AI)の大規模言語モデルは、インターネットから収集した巨大なデータセットで訓練されている。そこにプライバシーの問題はないのか。実際に聞いてみた。 Melissa Heikkilä78日前
  13. 知性を宿す機械
    ロシアによるウクライナ侵攻によって各国の軍は兵器の刷新、AI技術の導入を進めている。軍事AIや自律兵器をめぐる倫理的な問題は棚上げされ、シリコンバレーのスタートアップは好機をつかもうとしている。 Melissa Heikkilä4カ月前
  14. 知性を宿す機械
    オープンAIの「GPT-3」に匹敵する大規模言語モデルが無料公開された。世界中の1000人以上のボランティア研究者が1年がかりで作成したこのAIモデルは、従来の大規模言語モデルの持つ秘密主義と排他性を排し、倫理的配慮を初期段階から埋め込むことを狙いとしている。 Melissa Heikkilä4カ月前
  15. 知性を宿す機械
    ディープマインド、既知の「ほぼすべて」のタンパク質構造を予測
    アルファベット傘下のAI企業、ディープマインドは、2億種類以上のタンパク質の構造予測データベースを公開した。既知のタンパク質ほぼすべてに相当し、生物学の研究や創薬のプロセスを大きく変える可能性がある。 Melissa Heikkilä4カ月前
  16. 知性を宿す機械
    まるで「生まれたての動物」、歩き方を自力で学ぶロボット犬
    試行錯誤しながら歩行方法を自力で学ぶロボット犬が発表された。強化学習はロボットが新たなスキルを習得し、現実世界にすばやく適応するのに役立つかもしれない。 Melissa Heikkilä5カ月前
  17. 知性を宿す機械
    ネット画像で顔認識、「クリアビューAI」に迫る規制包囲網
    ソーシャルメディアなどからプロフィール画像を収集し、個人を識別する顔認識システムに利用しているクリアビューAIに対する風当たりが強くなっている。英国では罰金やデータの削除を求める命令が出され、欧州各国で同様の動きがある。 Melissa Heikkilä7カ月前
  18. 知性を宿す機械
    汎用人工知能の道筋見えた——ディープマインド「Gato」で勇み足
    世界最高峰のAI企業の1つであるディープマインドが発表した新しいAIモデル「ガトー(Gato)」が話題だ。600種類以上のタスクをこなせるといい、開発者は「汎用人工知能(AGI)への道筋が見えた」という。 Melissa Heikkilä7カ月前
  19. 知性を宿す機械
    AIが社会のさまざまな場面で使われ、影響力が強まるにつれ、何らかの規制をすべきだとの声が高まっている。EUは、AIによる悪影響を抑制することを目的とした新たなAI規制法案を検討しており、新たな世界標準になる可能性がある。Melissa Heikkilä7カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る