KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
ボニー ロッチマン 5 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    出生前の遺伝子検査が標準的な妊婦健診として普及している米国では、これから産まれてくる子どもの性染色体異常が見つかることが増えてきている。しかし性染色体異常によって、家族と子どもに何が起きるのかを正しく知らせてくれる医師は少なく、不安を与えている。 Bonnie Rochman4カ月前
  2. 生命の再定義
    平均寿命が延び、女性の社会進出が進んだにも関わらず、女性の生殖寿命は変わらないままだ。米国では「卵子凍結」する女性が増え、福利厚生の一環として費用を負担する企業もある。女性の生殖寿命を延ばすことができるのだろうか? Bonnie Rochman3年前
  3. 生命の再定義
    早産で生まれる赤ちゃんは、毎年1500万人にも及ぶ。早産の可能性を予測できれば、その命を救えるかもしれない。スタンフォード大学のステファン・クエーク教授はリスクの低い血液検査による予測方法を開発し、商用化に取り組んでいる。 Bonnie Rochman4年前
  4. 生命の再定義
    顔の特徴で遺伝病を診断「病気顔」画像データベースFace2Geneがスゴイ
    多くの遺伝病は人の顔に手がかりが現れる。機械学習で遺伝病を学習したFace2Geneは、医者が症状を診断する手がかりになる。 Bonnie Rochman6年前
  5. 生命の再定義
    胎児の異常を血液検査で発見
    髪の毛の色まで出産前に判明
    母親の血液検査で胎児の遺伝子異常を発見できる手法が、確立一歩手前だ。 Bonnie Rochman7年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る