KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!
ニアル・ファース 29 Stories
プロフィールを見る
  1. 人工知能(AI)
    大規模言語モデルのバイアス問題に「自己修正」の可能性
    大規模言語モデルの出力にバイアスが含まれていることが問題となっている。あるAIスタートアップの研究によると、単純な自然言語の指示で大規模言語モデルを操作することで、有害性の低いコンテンツを生成できるという。 Niall Firth15カ月前
  2. 生物工学/医療
    WHO、新型コロナワクチン追加接種の凍結を呼びかけ
    新型コロナのデルタ株が世界中で猛威を振るう中、ワクチンの追加接種を開始したり、検討したりする国が増えている。だが、低所得国には、ワクチン接種をまだ1回も受けていない人々が大勢いるのが現状だ。Niall Firth3年前
  3. 生物工学/医療
    環境や倫理的な問題の解決策として培養肉の作成に取り組む企業が増えているが、コストがかかりすぎることが商品化の障壁となっている。しかし、植物由来の代替肉と混合することで、両者のいいとこ取りをした「ブレンド肉」が私たちの食卓に届く日は遠くないかもしれない。 Niall Firth3年前
  4. 気候変動/エネルギー
    シンガポールで人工培養肉に初認可、チキンナゲット販売へ
    シンガポールで、米国の培養肉企業イート・ジャストの培養肉製品に初の認可が下りた。一般消費者が初めて口にする培養肉は、チキンナゲットになりそうだ。 Niall Firth4年前
  5. 宇宙
    「宇宙戦争」の始め方——
    人工衛星軌道上の危ない現実
    社会的インフラや軍の行動が軌道上の人工衛星に大きく頼っている現在、それらが攻撃されれば大混乱を引き起こしかねず、戦争行為とみなされるかもしれない。多くの人々は、そうした宇宙戦争が未来に起こったら大変なことになるだろうと考えているが、人工衛星への攻撃はすでに始まっている可能性がある。 Niall Firth5年前
  6. 人工知能(AI)
    アップル・カード限度額で性差別の疑い、アルゴリズムの偏見原因か
    8月に米国で始まったアップルの新しいクレジットカードの与信限度額を決めるアルゴリズムが、女性よりも男性に高い限度額を与えているのではないか? との疑義が持たれ、当局による調査の対象となっている。 Niall Firth5年前
  7. 倫理/政策
    ロシアで「インターネット鎖国」を可能にする法律が発効
    ロシアの「主権インターネット」法が11月1日に発効した。これによりロシア政府は、インターネット上での出来事を、これまでよりはるかに多く制御できるようになる。 Niall Firth5年前
  8. 倫理/政策
    ドローン10機がサウジ石油施設を攻撃、生産半減
    10機のドローン(無人機)が9月14日、サウジアラビアの主要な石油処理施設と付近の油田を攻撃し、火災が発生した。反政府武装組織フーシは、この攻撃を実行したと発表している。 Niall Firth5年前
  9. 宇宙
    アマゾンもネット衛星参入、3200基の打ち上げを申請
    アマゾンが人工衛星打ち上げに必要な申請書を米国連邦通信委員会(FCC)に提出した。これによりアマゾンは、人工衛星群(コンステレーション)を打ち上げてブロードバンド・インターネットを提供する計画において、スペースXやワンウェブ(One Web)などの企業の仲間入りを果たした。 Niall Firth5年前
  10. 大量の温室効果ガスを排出し、多くの土地と水の消費を伴う食肉産業はいま、大きな変革期を迎えている。植物由来の「代替肉」や、細胞農業技術で作られた「培養肉」は、本物の肉に取って代わるのだろうか? Niall Firth5年前
  11. ブロックチェーン
    フェイスブックの暗号通貨がまもなく発表、ビザなど支援へ
    フェイスブックは、独自の新しいデジタル通貨に関するホワイトペーパーを6月17日の週にもリリースするようだ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)が報じた。決済サービス企業大手やその他のデジタル企業は、ソーシャルメディア最大手の暗号通貨事業への初進出をこぞって支援している。 Niall Firth5年前
  12. 人工知能(AI)
    ディープマインドのAIペア、チームワークで対戦ゲームに勝利
    深層学習アルゴリズムは、「スタークラフト(Starcraft)」のようなゲームで人間を負かす方法をすでに習得している。新たな研究で、チームワークの必要なゲームでも人間を打ち負かせることが示された。 Niall Firth5年前
  13. シリコンバレー
    ツイッターが差別に重い腰、学術研究者らと対策研究へ
    ツイッターは現在、人種差別主義者らを同社のプラットフォームから締め出すか、あるいは改心させるために留めさせておくかを判断するために、研究者らに意見を求めている。マザーボード(Motherboard)が報じた。 Niall Firth5年前
  14. 気候変動/エネルギー
    グーグルが常温核融合の追試に1000万ドル提供も、再現できず
    グーグルが資金提供した研究チームはこの4年間、科学において極めて議論を呼んだ実験の1つの再現に取り組んできた。テーブルトップ実験(実験室で実施する小規模な実験)で太陽の力を再現するというものだ。 Niall Firth5年前
  15. 宇宙
    「明るすぎる」スペースXの人工衛星群、天文学者から批判
    夜空に映し出される人工衛星の映像は壮観だが、科学への影響が懸念されている。 Niall Firth5年前
  16. 高齢者の記憶が電気ショックで「20代並み」に、米研究チーム
    脳の一部に電気刺激を与え、脳波を同期させることで、一時的に加齢性の記憶障害を回復できるという。 Niall Firth5年前
  17. ニューヨークの顔認識実験が大失敗、成功率はまさかのゼロ
    ニューヨーク市内で実施された顔認識システムの試験運用で、ドライバーの顔を誰一人として識別できなかったことが判明した。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)が報じている。 Niall Firth5年前
  18. インドが人工衛星の撃墜に成功、「宇宙大国」を宣言
    インドのナレンドラ・モディ首相が国民に向けたテレビの生放送で人工衛星の破壊実験に成功したと発表し、いまや「宇宙大国」になったと述べたという。ロイター通信が報じている。 Niall Firth5年前
  19. 「ヒト生殖細胞の編集は停止を」CRISPR専門家らが呼びかけ
    遺伝子編集技術の第一人者たちが、ヒト生殖細胞に対する遺伝的な改変を目的とした遺伝子編集を、世界規模でいったん停止することを求める公開書簡を発表した。ゲノム改変は将来の世代に予期せぬ結果をもたらす可能性もあり、現在の知識に基づいて生物の種を作り変えようとするのは思い上がりだという。 Niall Firth5年前
  20. 「政府のネット検閲許すな」モスクワなどロシアで抗議デモ
    インターネットの管理をさらに厳しくしようとする政府の計画に対して、モスクワを始めとしたロシアの各都市で抗議が起きている。 Niall Firth5年前
  21. フェイスブック、「反ワクチン」のデマ排除へ新対策
    フェイスブックは今後、反ワクチンに関するメッセージを掲載するページや投稿を、レコメンド・アルゴリズムによって上位に表示されなくすると発表した。 Niall Firth5年前
  22. CERN、全長100キロの巨大加速器「FCC」建造を発表
    欧州原子核研究機構(CERN)が超大型加速器の建造を目指している。スイスのジュネーブ近郊にある素粒子物理学を研究するCERNは、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)に代わる、新たな加速器の建造を計画していることを明らかにした。 Niall Firth6年前
  23. ドイツ政治家の個人情報がツイッター上に大量流出、メルケル首相も
    ドイツで発生したハッキング事件で、主要政党に属する政治家、数百人分の銀行口座情報、メールアドレス、住所、私的なチャット、IDカードの詳細情報を含む情報が流出した。 Niall Firth6年前
  24. 中国の嫦娥4号、人類史上初の「月の裏側」に着陸成功
    中国の月探査機「嫦娥4号(じょうが:Chang’e-4)」は無事に着陸に成功した後、フォン・カルマン・クレーター(Von Kármán crater)の写真を撮影して送信した。フォン・カルマン・クレーターは、嫦娥4号の月面車がこれから探査する予定の盆地だ。 Niall Firth6年前
  25. NASAの探査機が史上初、カイパーベルト天体の近接撮影に成功
    NASA(米航空宇宙局)の探査機「ニューホライズンズ(New Horizons)」は、地球から約64億キロメートル離れたところにあるピーナツに似た形状の宇宙の岩石、ウルティマ・トゥーレ(Ultima Thule)から3500キロメートルの地点まで到達した。 Niall Firth6年前
  26. 歩くランチボックス、ポストメイツがLAで無人配達を開始
    物流会社のポストメイツ(Postmates)は、雑貨やランチをロサンゼルスの住人に配達するサーブ(Serve)という名前のロボットを発表した。 Niall Firth6年前
  27. 探査機インサイト火星着陸へ、「恐怖の7分間」乗り越えられるか
    約3億マイル(5億キロ)におよぶ旅を経て、NASAは探査機インサイト(InSight)の火星への着陸を試みようとしている。 Niall Firth6年前
  28. スペースXのISS行き有人ロケット、2019年6月に打ち上げ
    2011年にスペースシャトル計画が終了して以来初となる、米国の国産有人宇宙船が国際宇宙ステーション(ISS)に向かうのは2019年の予定だ。 Niall Firth6年前
  29. アルファベット、独裁政権の「ネット検閲」にアプリで対抗
    グーグルの親会社、アルファベット(Alphabet)傘下のセキュリティ・インキュベーターのジグソー(Jigsaw)は、独裁的政権が閲覧を遮断しているサイトをユーザーが出し抜いて閲覧できるアプリを発表したばかりだ。 Niall Firth6年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る