KADOKAWA Technology Review
×
MITTR Emerging Technology Conference #2

「量子コンピューターは社会をどこまで変えるのか」開催のお知らせ

「量子コンピューター」という単語を聞いたことはあっても、きちんと理解する機会はなかなかないだろう。MITテクノロジーレビューは第一人者である東工大の西森秀稔教授を迎え、「量子コンピューターは社会をどこまで変えるのか」を開催する。 by MIT Technology Review Japan2017.02.12

「量子コンピューター」という単語を聞いたことがある方は多いと思いますが、きちんと理解する機会はなかなかありません。MITテクノロジーレビューは物理学者で東工大教授の西森秀稔氏をお迎えして、「MITTR Emerging Technology Conference #2〜量子コンピューターは社会をどこまで変えるのか〜」を3月13日に開催します。

量子コンピューターはカナダのD-Wave社によって商用化され、ロッキードやNASAも導入を始め、Googleは量子人工知能研究所で開発を始めています。汎用コンピューターの1億倍の処理スピードを持つ量子コンピューターとはどのようなものでしょうか。

前半は「量子アニーリング方式」の提唱者の1人である西森教授に、量子コンピューターの原理と昨今の技術動向についてご講演いただきます。後半はMITテクノロジーレビュー編集長の中野克平と「量子コンピューターが生み出す社会的インパクト」について議論していきます。

登壇者


西森 秀稔(にしもり ひでとし)

職歴

1981 米国カーネギーメロン大学 研究員

1982 米国ラトガース大学 研究員

1984 東京工業大学理学部 助手

1990 東京工業大学理学部 助教授

1996- 東京工業大学理学部・大学院理工学研究科(2016年より理学院) 教授

2011-15 東京工業大学大学院理工学研究科理学系長・理学部長

社会貢献

1996-99, 2003-05 日本物理学会理事

2011-12 日本物理学会論文賞選考委員長

2006-09, 2011-17 日本学術会議連携会員

2005-06 文部科学省科学技術・学術審議会専門委員

2003-07 国際純粋・応用物理学連合 統計物理学部会(IUPAP C3) 委員・幹事

2004-06 英国物理学会論文誌 数理物理学分冊 統計物理学編集責任者 (Journal of Physics A, Statistical Physics Editor)

2006-08, 2013-15 東京大学物性研究所人事協議会委員

2015-  仁科記念財団運営諮問委員

2015-  京都大学数理解析研究所運営委員

他,各種公的機関(大学,研究所,研究資金配分機関,財団等)の委員多数

受賞

1990 日本IBM科学賞 「ゲージ対称性を用いたスピングラスの理論的研究」

2006 仁科記念賞 「ランダムスピン系における「西森線」の発見」

2001-15 英国物理学会フェロー

2014 日本イノベーター大賞特別賞 「量子アニーリングの考案」

2016 東工大教育賞最優秀賞「授業参観等による教育の質の向上のためのシステムの開発と実践

MITTR Emerging Technology Conference #2 2時間で学ぶ、「量子コンピューターは社会をどこまで変えるのか」
日時
2017年3月13日(月) 19:30〜22:00(19:10 受付開始)
定員
100人
(2/27:会場変更)
場所
KADOKAWA第一本社ビル2Fホール(東京都千代田区富士見1丁目12−11)
料金

有料会員チケット:無料(当日、受付でログイン画面を確認させていただきます)

一般チケット:¥1,500

西森氏著書「量子コンピュータが人工知能を加速する」付き有料会員チケット:¥1,620(著書は当日受付でお渡しします)

西森氏著書「量子コンピュータが人工知能を加速する」付き一般チケット:¥3,120(著書は当日受付でお渡しします)

※有料会員チケットをご購入いただいた方には、当日は有料会員のログイン画面を確認させていただきます。有料会員ではない方がチケットを予約しても入場できませんので、あらかじめご了承ください。

主催
MITテクノロジーレビュー
プログラム

19:30〜20:30 西森氏講演

20:30〜21:00 西森氏、中野編集長対談「量子コンピューターの社会的インパクト」

21:00〜21:15 質疑応答・著書紹介など

21:15〜22:00 来場者交流会(飲み物あり)

※プログラムは変更する場合がございます。

注意事項

・申し込みは先着順で、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

・当日のイベントの模様は、MITテクノロジーレビューに掲載される可能性がありますのでご了承ください。

申し込みページへ (受付は終了しました)
イベントレポート
人気の記事ランキング
  1. The problems with Elon Musk’s plan to open source the Twitter algorithm Eマスクがツイッター買収でぶち上げたオープンソース化が危うい理由
  2. Meta has built a massive new language AI—and it’s giving it away for free メタ、「GPT-3並み」の大規模言語モデルを研究者向けに無償提供
  3. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
  4. These hackers showed just how easy it is to target critical infrastructure 発電所も使う通信プロトコルのハッキング、わずか2日で攻略
タグ
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The problems with Elon Musk’s plan to open source the Twitter algorithm Eマスクがツイッター買収でぶち上げたオープンソース化が危うい理由
  2. Meta has built a massive new language AI—and it’s giving it away for free メタ、「GPT-3並み」の大規模言語モデルを研究者向けに無償提供
  3. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
  4. These hackers showed just how easy it is to target critical infrastructure 発電所も使う通信プロトコルのハッキング、わずか2日で攻略
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6世界を変えるイノベーター50人

mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者——。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る