1. コネクティビティ
    3Dプリンターが普及しつつあるとはいえ、そのほとんどはプリントに非常に時間がかかるという問題を抱えている。カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、従来のようにレイヤーでプリントするのではなく、レジンに光を投射して一気に固形化することでこの問題を解決した3Dプリンターを開発した。 Erin Winick50日前
  2. ビジネス・インパクト
    「私たち、3Dプリンターで結婚式しました」MITTR編集者からの報告
    「3Dプリント好き」を自認するMITテクノロジーレビューの女性編集者が、自分の結婚式で必要なブーケやケーキのトッピングなどの小物のほとんどすべてを3Dプリンターで自作した。これはその編集者による奮闘の記録である。 Erin Winick90日前
  3. ビジネス・インパクト
    2018年に3Dプリンターで製造された「驚きのプロダクト」5+1
    2018年は3Dプリンターの活用がさらに広がる1年となった。歩道橋から自動車部品に至るまで、2018年に3Dプリントで作られた「傑作」を紹介しよう。 Erin Winick90日前
  4. 知性を宿す機械
    3Dプリントはサプライチェーンを破壊——MIT准教授が熱弁
    3Dプリンティング(付加製造)は今や、ポテトチップスの試作品からスポーツカーの部品に至るまで、様々な産業分野で活用されている。プリントの時間を大幅に短縮する技術改良も進んでおり、技術開発だけでなく、修理・保守などに大きな影響を及ぼす可能性がある。 Erin Winick10カ月前