1. コネクティビティ
    3Dプリンターが普及しつつあるとはいえ、そのほとんどはプリントに非常に時間がかかるという問題を抱えている。カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、従来のようにレイヤーでプリントするのではなく、レジンに光を投射して一気に固形化することでこの問題を解決した3Dプリンターを開発した。 Erin Winick15日前
  2. ビジネス・インパクト
    「私たち、3Dプリンターで結婚式しました」MITTR編集者からの報告
    「3Dプリント好き」を自認するMITテクノロジーレビューの女性編集者が、自分の結婚式で必要なブーケやケーキのトッピングなどの小物のほとんどすべてを3Dプリンターで自作した。これはその編集者による奮闘の記録である。 Erin Winick55日前
  3. ビジネス・インパクト
    2018年に3Dプリンターで製造された「驚きのプロダクト」5+1
    2018年は3Dプリンターの活用がさらに広がる1年となった。歩道橋から自動車部品に至るまで、2018年に3Dプリントで作られた「傑作」を紹介しよう。 Erin Winick55日前
  4. ビジネス・インパクト
    3Dプリンターで製造された驚きの製品5つ
    3Dプリンターはニッチなプロトタイプの製造から本格的な大量生産へとめざましい進歩を遂げている。製造業の未来にヒントを与える5つの製品を紹介する。 Erin Winick12カ月前
  5. コネクティビティ
    思い通りの形に金属部材を生成できる3Dプリンターは、まだ存在しない。MITの4人の教授が関わるスタートアップ企業デスクトップ・メタルは、自社の装置で、金属部品を「プリント」する手頃で実用的な手段を近いうちに提示できると考えている。 David Rotman2年前
  6. ビジネス・インパクト
    巨大組織がイノベーティブであるため、GEは工場に研究所を作った
    巨大メーカーは、48年前に操業のタービン工場の隣に、研究開発施設を7300万ドル投じて新設した。目標はより優れたイノベーションの加速だ。 Nanette Byrnes2年前