KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
3Dプリンターで製造された驚きの製品5つ
Grant Cornett
The Five Most Amazing Things That Were 3-D-Printed This Year

3Dプリンターで製造された驚きの製品5つ

3Dプリンターはニッチなプロトタイプの製造から本格的な大量生産へとめざましい進歩を遂げている。製造業の未来にヒントを与える5つの製品を紹介する。 by Erin Winick2018.02.20

付加製造(AM:Additive Manufacturing)は何年にもわたって過大評価されてきた。だが、2017年には多くの見込まれていたことが実現した。3Dプリントは、ニッチなプロトタイプ製造の領域から大量生産の領域へと何歩も大きく踏み出したのだ。2017年に3Dプリンターで製造された最も印象的なものを振り返り、製造されたものが未来の何の前兆かもあわせて見ていくことにしよう。

ランニング・シューズ

Adidas

付加製造を手がけるカーボン(Carbon=2017年版スマート・カンパニー50の1つ)との提携で、アディダスは従来の90倍速く3Dプリントで靴を製造できる技術を導入した実験店「スピードファクトリー」をオープンした。カーボンの高速プリント・テクノロジーは、カスタム・アスレチック・シューズのエラストマー(人工ゴム)を使ったミッドソール(運動靴内の柔らかく、衝撃吸収力性を持たせる部分)を製造するために使われている。2018年にアトランタでスピードファクトリーの2号店がオープンする際には、アディダスはこの手法を用いて、1年に100万足の運動靴を製造する予定だ。

メガネ、ベベルギヤ(まがりばかさ歯車)、MITのシンボル「グレート・ドーム」のミニチュア・レプリカ

MIT

実際のところ、これらの安っぽいプラスチック片は特に印象的なものではないかもしれない。だが、作成スピードは驚嘆に値する。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者は、高速でプリントできる新しい機械で製品を製造している。この機械が動いている動画を見ると、早回しをしているに違いないと思うだろう。何時間もかかって作っていた製品を、今では数分で作れるのだ。研究チームは、発熱レーザーと高圧ネジ機構を使うこの機械の詳細を、2017年11月に学会誌『アディティブ・マニュファクチャリング(Additive Manufacturing)』で発表した。

ジェット・エンジン燃焼器ライナー

GE

2017年11月、ゼネラル・エレクトリック(GE)は、最新の金属製3Dプリンターとともに、そのプリンターで製造したジェット・エンジン燃焼器ライナー部品を公開した。この3Dプリンターは、多くの金属製プリンターと同様に、レーザーを用いて粉末を固体の金属へと変える。だが、従来の設計で足かせとなっていた製造物の大きさの限界を乗りこえることを目標としている。ジェット・エンジン燃焼器ライナーは、直径1メートルまでの金属部品をプリントできるこの機械の能力を示すものだ。3Dプリントを将来のビジネスの原動力と位置付けるGEにとって、2018年にデビューするこのプリンターはその中心的役割を果たすことになる。2017年12月、GEは天然ガス・タービンの発電効率の新記録を達成するのに、3Dプリンターで製造した金属部品を使用した。

より強い鋼

Lawrence Livermore National Laboratory

3Dプリントで製造された鋼には、長らくある問題がつきまとってきた。延性(物体が破壊されずに引き伸ばされる性質)を持たせるために、強度を犠牲にしなければならないのだ。だが、2017年、ローレンス・リバモア国立研究所のチームが、通常のレーザー焼結プリンターを使って金属結晶粒組織をコントロールする方法を生み出した。この方法によって、普通のステンレス鋼と同様の延性を持ちながら、ステンレス鋼の2倍、従来の3Dプリントされた鋼の3倍の強度を持つ部品を作り出せるようになった。

短時間でつくられた金属パーツ

GRANT CORNETT

2017年4月のMITテクノロジーレビューの記事で、金属部品をプリントする速度を100倍にするデスクトップ・メタル(Desktop Metal)の革命的な機械について報じた。従来の手法では製造が不可能だった上の画像のような油圧マニホールドは、プリント後に部品を仕上げるために1400℃まで熱せられた電子炉の中で処理される。大量生産される製品に使われる部品を次々と生産できるこのプリンターは、2018年の出荷を予定している。

人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 12月第3週は日本橋に注目、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
エリン・ウィニック [Erin Winick]米国版 准編集者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。機械工学のバックグラウンドがあり、宇宙探査を実現するテクノロジー、特に宇宙基盤の製造技術に関心があります。宇宙への新しい入り口となる米国版ニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」も発行しています。以前はMITテクノロジーレビューで「仕事の未来(The Future of Work)」を担当する准編集者でした。それ以前はフリーランスのサイエンス・ライターとして働き、3Dプリント企業であるSci Chicを起業しました。英エコノミスト誌でのインターン経験もあります。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 12月第3週は日本橋に注目、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る