1. コネクティビティ
    不祥事に揺れたウーバーの自律トラックは2018年に開花するか?
    2017年はお騒がせ企業として不名誉なニュースが続いたウーバーだが、2016年に試験運転した無人運転トラックの開発はその後も着々と進行している。主任技術者に課題と展望を聞いた。 Rachel Metz4年前
  2. 知性を宿す機械
    自動運転トラックは10年以内に登場、ドライバーは当面安泰
    ウーバーの子会社、オットーの共同創業者であるリア・ロン社長は、自動運転トラックは10年以内に登場すると発言した。ドライバーの仕事を奪うことが懸念されているが、当面は晴れた夜間の高速道路など、人工知能にとって簡単な場面での利用に限られそうだ。 Rachel Metz5年前
  3. 知性を宿す機械
    2017年、世界を変えるテクノロジー10:自動運転トラック
    米国の幹線道路では、じきに運転席に人がないトラックを目にするようになるだろう。巨大なトラックは制御が難しく、現時点では、自律運転の実用化で170万人のトラック・ドライバーの職が奪われるとはいえない。 David H. Freedman5年前