1. 生命の再定義
    人間への臓器移植に向けて遺伝子操作した安全な子ブタが誕生
    ハーバード大学の研究室から派生した企業が、クリスパーによる遺伝子操作で、人に感染する恐れのあるウイルスを保有しない子ブタを誕生させた。人間への臓器移植に、ブタの臓器をより安全に使えるようになる可能性がある。 Emily Mullin2年前
  2. 生命の再定義
    臓器提供は時代遅れに?
    ブタから人間への移植構想が
    3800万ドル調達
    ヒトへの移植用にCRISPRでブタの免疫系を人間化し、さらにゲノムに潜むウイルスのDNAを除去することで、移植用のブタを繁殖させる計画がある。実用化できれば、移植用臓器をブタから収穫でき、ヒトの寿命を何年も延ばせる医療につながる。 Karen Weintraub3年前