KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
生命の再定義 CRISPR Opens Up New Possibilities for Transplants Using Pig Organs

人間への臓器移植に向けて遺伝子操作した安全な子ブタが誕生

ハーバード大学の研究室から派生した企業が、クリスパーによる遺伝子操作で、人に感染する恐れのあるウイルスを保有しない子ブタを誕生させた。人間への臓器移植に、ブタの臓器をより安全に使えるようになる可能性がある。 by Emily Mullin2017.08.14

These baby pigs were the first to be born without innate viruses in their DNA.
これらの赤ちゃんブタは、DNAに先天性ウイルスを持たずに生まれた初めてのブタだ。

ブタから人間への臓器提供を実現するための一歩として、 イー・ジェネシス(eGenesis)というスタートアップ企業の研究者が、遺伝子編集の手法を使ってブタからウイルスを除去することに初めて成功した。ブタの臓器を人間に対してより安全に使えるようになる可能性がある。

米国保健福祉省によると、救命のための臓器移植を受けるのを待っている人は米国内だけで11万6000人以上いる。しかし、2017年に入ってまだ1万7157件の移植が実施されたにすぎない。

何十年もの間、動物の臓器を人に移植する「異種移植」が、人間の臓器不足を緩和できる方法のひとつとして考えられてきた。しかし、動物の臓器を人に移植しようとする試みはほとんどすべて失敗している。 1984年、カリフォルニア州で生まれた赤ちゃん「ベイビー・フェイ」は、ヒヒからの心臓移植を受けたことで有名になったが、20日後に死亡した。

科学者はそこで、ブタに関心を向けた。ブタは臓器の大きさが人間と似ているうえ、繁殖が容易だ。ただし、人間とブタでは生物学的に、人間とヒヒ以上に異なるという問題点がある。ブタの臓器は人間の体内ですぐに拒絶され、重度の免疫反応を引き起こす。科学者が挙げるもうひとつの懸念として、「ブタ内在性レトロウイルス(PERV)」として知られるウイルスがある。ブタのDNAにはブタ内在性レトロウイルスが存在し、移植中に通過して人間の細胞に感染する恐れがあるのだ。

ハーバード大学の遺伝学者ジョージ・チャーチ教授の研究室から派生した会社であるイー・ジェネシスは、種の壁を飛び越えるウイルスを除去する方法を考え出したのかもしれない。 イー・ジェネシスの共同創業者であるルハン・ヤンCSO(最高科学責任者)は、ウイルスグループを非活性化して、ブタが正常に発育するかどうかを確認したかったという。

ヤンCSOたちのチームは、遺伝子編集技術「クリスパー(CRISPR)」を使って、ブタの胚におけるウイルス25個のコピーをすべて無効にした。その後、胚をメスブタに移植し、ウイルスを保有していない赤ちゃんブタを誕生させた。イー・ジェネシスは37匹のブタを誕生させ、4か月間にわたって観察している。サイエンス誌に2017年8月10日に掲載されたレポートによると、これまでのところ子ブタたちは健康で、ウイルスを保有していない。

メリーランド大学医学部で異種移植プログラムの責任者を務めるムハマッド・モヒウディン教授(外科)は、ヤンCSOたちの研究には関与していないが、クリスパーを用いて複数の遺伝子を一度に切断することは、従来の遺伝子工学の手法よりも時間を節約できるという。 しかし一方で、ブタ内在性レトロウイルスは人間の組織に感染する可能性があるが、健康問題を実際に引き起こす証拠はまだないと語る。

モヒウディン教授は「ブタ内在性レトロウイルス以外にも、異種移植の臨床応用を制限する他の問題があります」と述べ、移植された動物臓器に対して体が起こす免疫反応を挙げる。

ヤンCSOによると、イー・ジェネシスはクリスパーを使用して、免疫系に関与する遺伝子の改変もしているという。 しかし、遺伝子を編集したブタの臓器を人間に試すのはまだずっと先のことだとしている。

人気の記事ランキング
  1. First Evidence That Night Owls Have Bigger Social Networks than Early Risers 社交的な夜型、孤独な朝型——行動パターンに明らかな違い
  2. Google Reveals Blueprint for Quantum Supremacy グーグルが量子超越性の実現にめど、数カ月内に実証も
  3. Put Humans at the Center of AI グーグルへ転じた スタンフォード研究者が語る 次世代AIに必要なこと
  4. Forget Killer Robots—Bias Is the Real AI Danger グーグルが指摘する、イーロン・マスクが語らないAIの本当の脅威
  5. Is AI Riding a One-Trick Pony? 人工知能バブル 3度目の冬はやってくるのか
エミリー マリン [Emily Mullin]米国版
MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
「生命の再定義」の記事
人気の記事ランキング
  1. First Evidence That Night Owls Have Bigger Social Networks than Early Risers 社交的な夜型、孤独な朝型——行動パターンに明らかな違い
  2. Google Reveals Blueprint for Quantum Supremacy グーグルが量子超越性の実現にめど、数カ月内に実証も
  3. Put Humans at the Center of AI グーグルへ転じた スタンフォード研究者が語る 次世代AIに必要なこと
  4. Forget Killer Robots—Bias Is the Real AI Danger グーグルが指摘する、イーロン・マスクが語らないAIの本当の脅威
  5. Is AI Riding a One-Trick Pony? 人工知能バブル 3度目の冬はやってくるのか
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント