1. ビジネス・インパクト
    コピー製品であふれかえっていた深センは、世界に製造エコシステムを輸出するハードウェア・ハブになった。しかし、その将来は国際的な規範の順守、中国政府の圧力、労働賃金の増加などがあり、決して平坦な道のりではない。 An Xiao Mina and Jan Chipchase71日前
  2. ビジネス・インパクト
    MIT教授に聞く、中国vs.米国「テクノロジー競争」の行方
    人工知能(AI)や量子コンピューティングなど、さまざまなテクノロジー分野で中国の存在感が急激に高まる一方で、知的財産に関する問題などを巡って米国との対立は激しさを増している。中国のテクノロジー事情に詳しい、北京出身の経済学者ヤーシャン・ホアン教授に話を聞いた。Will Knight4カ月前
  3. コネクティビティ
    テック起業家が発明した独創的な「ベビー用品」4つ
    起業家の親が発明すると、哺乳瓶、ベビーモニター、さく乳器だってこんなに独創的な製品になる。この1年間に発売されたベビー用品4つを紹介する。 Elizabeth Woyke15カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    世界有数の観光地として知られるドバイはいま、中東におけるスタートアップの聖地として急速に変貌を遂げている。政府によるブロックチェーンの導入、建築物への3Dプリンターの活用などが進むドバイに、若く優秀な才能が集積しているのだ。配車サービスからビットコインまで、中東のスタートアップ企業5社がなぜ成功できたのか? 米国の起業家で、投資家のクリストファー・M・シュレーダーがレポートする。 Christopher M. Schroeder2年前
  5. ビジネス・インパクト
    投資家は一般に、社会にとって非常に重要な分野であっても、成果を出すのに時間がかかる技術への投資は敬遠しがちだ。こうした「手ごわい」技術を手掛けるスタートアップ企業への投資に、マサチューセッツ工科大学(MIT)発のベンチャー・キャピタル・ファンドが名乗りをあげた。同社CEOに、投資にあたっての課題や投資先の最初の7社を選んだ理由を聞いた。 Elizabeth Woyke2年前
  6. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領の移民規制で
    儲ける意外なビジネス
    スタートアップ企業の移民創業者を専門とするベンチャー・キャピタルは、資金提供だけではなく就労のビザの取得や弁護士の紹介まで面倒を見る。皮肉なことに、トランプ政権の移民政策が追い風となって、着々と利益を上げている。 Elizabeth Woyke2年前