1. 生命の再定義
    茶色くならない
    遺伝子組み換えリンゴは
    消費者にウケるか?
    米国企業が、遺伝子操作で茶色く変色しないようにしたリンゴを今秋から店頭で販売する。商品パッケージに遺伝子組み換え食品の表示がないので消費者団体などの反発が予想されるが、開発者は変色しないリンゴはリンゴの売上を伸ばし廃棄を減らす可能性があるとしている。 Andrew Rosenblum2年前
  2. 生命の再定義
    アンモニアを吸収する「飲む大腸菌」が安全性試験へ
    尿素回路に異常のある患者を助けるために、アンモニアを吸収するように遺伝子を改変した大腸菌を経口投与する「生きたバイオ療法製品」の安全性試験が始まった。治験ボランティアたちを3週間、病院の施設に缶詰めにして、排泄物のDNAを分析する。 Antonio Regalado2年前
  3. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア大学デービス校の植物遺伝学者パメラ・ロナルド教授は、洪水や干ばつといった厳しい条件でも生き残れるイネを作りたいと考えている。 James Temple2年前