1. 遺伝子流出による生態系崩壊を特許制度で防ぐ方法
    特許を利用して、実験室での遺伝子編集の作業を公開し、精査しようと、CRISPRの開発者が提案した。 Antonio Regalado7年前

  2. ケビン・エスベルト(MIT)
    新しい遺伝子編集手法を開発中の科学者は、その潜在的な危険性も警告する。 MIT Technology Review Editors8年前