1. 生命の再定義
    CRISPRは、多剤耐性菌に対抗する抗生物質代わりになるか?
    病院や養護施設で致命的な感染症を引き起こすクロストリジウム・ディフィシルは、抗生物質が効かない。では、バクテリアの免疫防御システムからヒントを得たCRISPRは、抗生物質代わりになるだろうか? Emily Mullin5年前
  2. 生命の再定義
    腸内細菌を定期的に検査し、体調管理や病気の兆候をアドバイスする月額サービスが続々誕生している。しかし、病気を診断するほど精度は高くなく、「もっと健康的な食生活に心がけましょう」というアドバイスに、月額数千円をかける意味があるのか、懐疑的に捉える専門家もいる。 Emily Mullin5年前
  3. 生命の再定義
    法規制が後手に回る5つの最新バイオテクノロジー
    米国科学アカデミーが、実用化直前だが、規制当局が決まっていない5つの最新バイオテクノロジーを発表した。実用化に大きなメリットがあるテクノロジーがある一方で、取り返しのつかない悪影響をもたらしかねないテクノロジーもある。 Emily Mullin5年前
  4. 生命の再定義
    病気を治す人工バクテリア
    デザイナー菌に賭ける企業
    合成生物学企業は患者に経口投与する遺伝子組み換えバクテリアを開発しているが、認可手順は不明だ。 Antonio Regalado5年前
  5. 生命の再定義
    ウンコは飲むより浣腸が効く
    体内マイクロバイオームの謎
    米国で毎年数千人が亡くなる感染症を治療できるはずだった糞便菌を含む錠剤の治験が失敗した。 Ryan Cross6年前
  6. 持続可能エネルギー
    人類の増加に善玉菌で対応
    (遺伝子組み換えでない)
    食物版の「腸内善玉菌」で収穫量を増やすバイオテクノロジーは灌漑と同等の効果がある。 Mike Orcutt6年前