KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
法規制が後手に回る5つの最新バイオテクノロジー
5 Biotech Products U.S. Regulators Aren’t Ready For

法規制が後手に回る5つの最新バイオテクノロジー

米国科学アカデミーが、実用化直前だが、規制当局が決まっていない5つの最新バイオテクノロジーを発表した。実用化に大きなメリットがあるテクノロジーがある一方で、取り返しのつかない悪影響をもたらしかねないテクノロジーもある。 by Emily Mullin2017.03.20

培養肉、角なし牛、デザイナー・バクテリア。クリスパー(CRISPR)や合成生物学といった新ツールにより、未来を感じさせる製品が何十も開発中だ。企業はこうした製品をどんどん商品化しようとしているが、未解決の大問題がある。誰が規制するのだろうか?

米国科学アカデミーが発表した新しい報告書によると、米国の規制当局は、今後5年から10年で市販される新しい植物や動物、微生物への対応を迫られている。押し寄せる新製品に、米国農務省や米国食品医薬局(FDA)といった規制当局が圧倒されてしまうかもしれない、としている。

ノースカロライナ州立大学のジェニファー・クズマ教授(遺伝子工学社会センターの副所長、米国科学アカデミー委員)は「これらの製品すべては何らかのメリットがある可能性がありますが、私にとって問題なのは、代替手段と比較してどうなのかです」という。

科学的に研究が進んでいるが、米国の規制当局が対応できていない製品は以下の通りだ。

医薬品として機能する生きたバクテリア:人体内外で活動する膨大な微生物の生態系に変化が起きると病気の原因になり得るが、科学者は複雑な関係の全貌をまだ理解していない。それでも、がんから代謝障害まで、あらゆる種類の疾患を治療する遺伝子組み換えバクテリアを開発しようとする企業の研究にブレーキが掛かることはない。錠剤にして飲み込むと、生きた微生物は最終的には廃水に流れ込み、飲料水に混入する可能性がある。米国環境保 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント