1. 知性を宿す機械
    自動運転によって運転から解放されると、移動時間をもっと有意義に使えるようになる。だが、車内で快適に過ごすためには、「車酔い」しないことが大前提だ。 Erin Winick12カ月前
  2. コネクティビティ
    「VR酔い」のレベルを自分で調整できるゲームが開発中
    VRの普及を妨げている要素の1つが、「VR酔い」の問題だ。人によって違う「酔うレベル」を自分で調整できるようになれば、VRはもっと広がっていくかもしれない。 Rachel Metz2年前