1. コネクティビティ
    MIT Technology Reviewのジェイソン・ポンティン編集長が、荒らしとの長年の戦いとコメント機能運用ルールの改定について説明している。日本版はまだユーザー数が少なく、日本の文化もあってコメントはあまりつかないが、米国版同様に運用する。 Jason Pontin3年前
  2. 知性を宿す機械
    気まずさは本物以上
    ソーシャルVRの
    嫌がらせ行為
    VR空間での嫌がらせ行為は、現実世界より過激で気分が悪くなりやすい可能性がある。ソーシャルVRはミュートやバリアなどの機能を充実させているが、交流を妨げないバランスも重要だ。 Tom Simonite3年前
  3. 知性を宿す機械
    グーグル系企業の暴言検出ツールで明らかになった機械学習の限界
    言葉の意味までは理解できない機械学習の限界が、グーグル系企業の暴言検出ツールで明らかになった。 David Auerbach3年前
  4. コネクティビティ
    人の心には誰にも「ネット荒らし」が住んでいることが判明
    人を不愉快な気分にさせて喜ぶネット上の「荒らし」は、孤独で社会性のない人物と思われてきたが、月曜日の夕方には誰でも荒らしになりやすいことがわかった。 Rachel Metz3年前
  5. コネクティビティ
    グーグルは人工知能により、ネット上の群衆が暴徒化しないよう、暴言コメントを排除する野心的な計画を立てている。テクノロジーは未熟であり、課題を完全には達成できないものの、ネット上の行儀がよいコミュニティでは、十分に役立つだろう。 David Auerbach4年前