1. コネクティビティ
    AIポリスの出動で
    ネトゲストーカーは
    撲滅できるか?
    スタートアップ企業のスピリットAIは、オンラインゲームで増大する嫌がらせへ対応するソフトウェアを開発した。被害者と会話し、いたずらと嫌がらせの違いを学習して対処する。 Simon Parkin2年前
  2. 知性を宿す機械
    気まずさは本物以上
    ソーシャルVRの
    嫌がらせ行為
    VR空間での嫌がらせ行為は、現実世界より過激で気分が悪くなりやすい可能性がある。ソーシャルVRはミュートやバリアなどの機能を充実させているが、交流を妨げないバランスも重要だ。 Tom Simonite3年前
  3. コネクティビティ
    悪口とは何か? 機械学習用に荒らしコメント1万3500件を収集
    人間同士の罵倒を避けるため、1万3500件のWikipediaのノートページのデータが、機械学習用の訓練データになった。英語なので、日本版を作れば、ののしり合いを機械が仲裁してくれるかもしれない。 Tom Simonite3年前
  4. コネクティビティ
    人の心には誰にも「ネット荒らし」が住んでいることが判明
    人を不愉快な気分にさせて喜ぶネット上の「荒らし」は、孤独で社会性のない人物と思われてきたが、月曜日の夕方には誰でも荒らしになりやすいことがわかった。 Rachel Metz3年前