1. ビジネス・インパクト
    「ウガンダ版ウーバー」は
    バイク配車サービスで
    現地に特化
    ウーバー型サービスにはさまざまな形態があり得る。ウガンダでは、渋滞が多く、危険な道路事情に適応し、便利で安全なドライバーと乗客をマッチングさせるアプリで利用者を増やしている。 Jonathan Rosen4年前
  2. ビジネス・インパクト
    ウーバーはやんちゃなテック企業から大人の会社になれるのか?
    ウーバーにとってトラブル続きの長い2月が終わったが、成長しなければならないのはカラニクCEO本人だ。ボイコット運動やセクハラの告発、技術情報の盗用など、創業期から成長期に差し掛かり、改めなければならない企業体質がそのまま残り、やんちゃなテック企業のままでは上場もできない。 Jamie Condliffe4年前
  3. コネクティビティ
    グーグル、ウーバー対抗の格安相乗りサービスを年内に展開へ
    都市部でウーバーのライバルになるべく、グーグルのヒッチハイク型有償相乗りサービスが年内には米国とラテンアメリカで提供されそうだ。アプリの出来はまだまだだが、自家用車を通勤に使う人が多い大都市なら、渋滞解消にもつながるかもしれない。 Jamie Condliffe4年前