1. コネクティビティ
    グーグルが超格安チップでも動く音声認識アルゴリズムを開発中
    グーグルの研究チームが使い捨てできるほど安価なチップで音声認識を実現しようとしている。まだ開発中だが、クラウドに処理を頼らないことで、音声認識の用途が広がる可能性がある。 Jamie Condliffe3年前
  2. ビジネス・インパクト
    中国では新しいテクノロジーがものすごいスピードで日常生活に溶け込んでいく。アイフライテックが開発した音声による自然言語処理もその1つだ。音声入力アプリのユーザー数は5億人を超え、自動車や医療などの分野でも使われ始めている。 Yiting Sun3年前
  3. コネクティビティ
    音声AI搭載のデバイスが米国では大人気だ。市場を開拓したアマゾンのアレクサ(Alexa)は、人と機械が対話する不可欠な手段となるかもしれない。 George Anders3年前
  4. 知性を宿す機械
    中国で音声アシスタントが
    大ブレイクする可能性
    日本はどうなる?
    日本が出遅れている音声アシスタントの分野で中国が急速に米国を追い上げている。アリババやバイドゥから続々と製品が登場し始めた。しかし、英語などに比べて中国語は複雑であり、自然な会話を実現するには課題も多い。 Yiting Sun3年前
  5. 知性を宿す機械
    世界の議会から速記者が消える?
    音声認識率が93%以上になると間違い探しの段階になり、校閲者が確認すれば議事録を機械でテキストに起こすことが実用的になる。 Ayako N4年前
  6. 知性を宿す機械
    2016年、テック関連最大のヒット商品はAIアシスタントだ(ただし日本語では使えない)
    アマゾンのアレクサが人気者になり、グーグルはホームを発表した一方で、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは自作した。 Jamie Condliffe4年前
  7. 知性を宿す機械
    「人間と同等の音声認識を実現」
    マイクロソフトの論文を読んでみた
    マイクロソフトは少しだけズルをした可能性はある。しかし、自然言語の音声認識で人間は機械に負けるのだ。 Emerging Technology from the arXiv4年前
  8. 知性を宿す機械
    人工知能サービスの
    中途半端な投資回収モード
    グーグルやマイクロソフト、IBMが、多額の投資で開発した人工知能を一般企業に賃貸させようといる。だが、汎用型のAIがどこまで一般企業の役に立つのかは不明点が多い。 Tom Simonite4年前