KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
In 2016, AI Home Assistants Won Our Hearts

2016年、テック関連最大のヒット商品はAIアシスタントだ(ただし日本語では使えない)

アマゾンのアレクサが人気者になり、グーグルはホームを発表した一方で、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは自作した。 by Jamie Condliffe2016.12.21

2016年、米国の家庭は不審者を招き入れ、ついには愛するようになった。不審者というのは冗談。音声で動作する人工知能アシスタントの話だ。

アマゾンのアレクサの成功、グーグル・ホームの立ち上げ、さらに、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが自分用のデジタル・バトラー(執事)を制作する発表は、MIT Technology Reviewの予想通りで、対話型インターフェイスが2016年の画期的テクノロジーになり、今後もさらに普及することを示している。

アマゾンのAIアシスタント「アレクサ」のつなぎ役になるスマート・スピーカー「エコー」は、2015年から米国で正式に販売されるようになった。2016年にはイギリスやドイツでも販売され、2016年の1月から9月までに、200万台が販売されたと推定される。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事にあるとおり、エコーはAmazon.comでときどき売り切れ状態になる。

一方、グーグルが送り出した対抗商品「ホーム(Home)」は、グーグルのアシスタントAIが動作する小型スピーカーだ。性能の高さが賞賛されており、アマゾン・エコーよりスマートに動作するようだ。ただし、MIT Technology Revie …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント