KADOKAWA Technology Review
×
自動運転のキーパーソンが集結「Future of Society Conference」11/30開催! チケット販売中 「Future of Society Conference」
11/30開催! チケット販売中

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

Boston Dynamics’s Newest Four-Legged Robot Is a Smooth Operator

驚くほど滑らかになったボストン・ダイナミクスの新型歩行ロボ

黒と黄色で4本足、顔はレジのスキャナーみたい。これなんだ? 答えは簡単。ボストン・ダイナミクスのスポットミニ(SpotMini)だ。同社の小型4本足ロボットの最新バージョンであり、上の映像でその姿を見ることができる。

スポットミニという名前のロボットが世に現れたのは、これが初めてではない。ボストン・ダイナミクスは、2016年にこれと似て非なるロボットを披露している。そのロボットには頭の代わりにロボット・アームがついていて、家の中で動き回るのもどこかぎこちない感じであった。しかし、新しいスポットミニには明確なアップグレードが施されている。頭蓋骨の中はセンサーだらけ、ロボットにしては驚くほどなめらかで洗練された動きをする。これはすごいと言わざるを得ない。この映像でスポットミニが見せている、しなやかで猫を思わせる動き。こんな動きを可能にするモーターと制御ソフトウエアを併せ持つボットは稀である。

新しいスポットミニに関しては、ボストン・ダイナミクスから間もなく発表予定であること以外は、ほとんど知られていない。これまで、ロボットの研究開発だけに力を入れてきたボストン・ダイナミクスの歴史を考えると、商品化に乗り出すとは考えにくい。しかし、ソフトバンクが同社を買収したことで、その姿勢が変わる可能性もある。どんな発表があるのか期待したい。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2017.11.15, 14:55
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る