KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Forget Drones—Google Explores Robot Delivery

グーグルの四足歩行ロボット、就職活動に向けて性能強化

ボストン・ダイナミクス製の四足歩行ロボットは、操作用の手と視覚認識の性能が高まれば、目的の家を自力で探してたどり着き、荷物を届けられるようになるだろう。 by Will Knight2016.12.12

現在、グーグルの子会社で、軽快な足どりで動き回るロボットがひそかに開発されている。しかも、ロボットとして、かつてないほど高い身体機能と知能を身に付けつつある。

動的バランス機能のある脚付きロボットを専門企業ボストン・ダイナミクスのマーク・レイバート最高経営責任者(CEO)は今週、バルセロナで開催された神経情報処理システム(NIPS)カンファレンスで、自社の研究者が完成させつつある進歩の一端を披露した。

レイバートCEOがデモして見せたのは最新型の4足歩行ロボット「スポット・ミニ(Spot Mini)」だ。大型犬ほどのサイズで、ボストン・ダイナミクスは以前から住宅の実物大模型で動作する動画を公開していた。動画内でスポット・ミニは階段を上り、ドアを開け、「グリッパ」で食洗機から皿を全部出してみせる。「グリッパ」は首のように見える手で、単純だが使いようによってはいろいろ役立ちそうな操作タスクが実現する。

ロボットの動作は部分的に自動化されている。カンファレンスではレイバートCEOの公演中に自社のエンジニアの操作で制御されたスポット・ミニがステージに上がってきたが、階段を認識し、ステージにたどり着く方法を見つけたのはロボット自身だった。その後は人間の指示に従って、テーブル上の缶を見つけてつまみ上げた。

人間が暮らす障害物の多い環境でロボットを動作させるには、脚付きロボットの方が車輪で動くボットよりも便利そうだ。もっとも、 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント