KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

試験放送から無線信号を解読、緊急警報システムに乗っ取りのリスク City emergency sirens can be hacked to sound rogue messages

試験放送から無線信号を解読、緊急警報システムに乗っ取りのリスク

あるセキュリティ研究者が、サンフランシスコ市の警報システムを使って、どのようなメッセージでも流せることを明らかにした。

セキュリティ企業バスティーユ(Bastille)出身のバリント・シーバーは、週に1回実施されるサンフランシスコ市の緊急警報システムの試験放送を起動する無線信号を、2年かけて解読した。ワイアードによると、システムを制御する方法を見つけたシーバーは、その気になれば、街中に再生したい音声を放送できるという。

たとえば、緊急警報システムが核攻撃が起きたと誤報したことによる混乱を想像してほしい(残念ながら、それほど大げさな話でもない)。ハッキングはノートパソコンと35ドル程度の無線機器があれば実行できる。シーバーによると、ATIシステムズという企業の警報システムを導入している2つの都市(それ以上の可能性もある)にも同様の弱点があるという。

このような攻撃が可能なのは、ATIの警報システムを制御している信号は複雑なものの、暗号化されていないからだ。そのおかげで、シーバーは信号を解読できた。 以前から指摘しているように、 都市環境をコンピューター化するシステムの開発において、サイバー・セキュリティの重要性は軽視されがちだ。その結果、このような攻撃ができてしまうのである。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.04.11, 11:57
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る