KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」お得な【早割】は11/15まで。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

フェイスブック、脳インターフェイスの新興企業を10億ドルで買収
CTRL-labs
Facebook is buying a brain-machine-interface startup to further its ambitions in the field

フェイスブック、脳インターフェイスの新興企業を10億ドルで買収

リストバンドを使ってコンピューターを操作できる「非侵襲性神経インターフェイス・プラットフォーム」の開発企業をフェイスブックが買収した。

フェイスブックが買収に合意したのは、ニューヨークを拠点とするコントロールラボ(CTRL-labs)。コントロールラボは、脳の信号を利用してコンピューターとやり取りする研究に取り組んでいるスタートアップ企業だ。CNBCによれば買収金額はおよそ約10億ドルになるという。

4年前に創業したコントロールラボの技術や研究について公開されている情報は多くないが、脳の信号をコンピューターへの入力情報に変換できるリストバンドを製作したと主張している。ただし、どれほどうまく機能するのかはまだ不明だ。体に麻痺のある人々が使用する脳コンピューター・インターフェイスの類いは一般に、使いこなそうとすると多大な訓練が必要であり、それでも速度が遅く、エラーが出やすい。イーロン・マスクが創業したニューラリンクも同様の試みをしているが、同社のインターフェイスは実際にはユーザーの脳の内部に埋め込まれる。

ソーシャルメディア会社にしては奇妙な買収だと思われるかもしれない。だが、実際には大いに納得できる買収だ。フェイスブックは7月に、志願者を対象にした大規模な大学研究に出資していることを明らかにした。脳が発する信号を分析することで人が何を言いたいかを把握する「スピーチ解読器」を開発しようとしているのだ。フェイスブックが人の心を読むことに対し、一般の人々がどう感じるのかは今のところ分からない。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.09.25, 6:55
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る