KADOKAWA Technology Review
×
マスクのニューラリンクは
どこが「新しい」か?
発表内容から読み解く
Neuralink
コネクティビティ Insider Online限定
What’s new and what isn’t about Elon Musk’s brain-computer interface

マスクのニューラリンクは
どこが「新しい」か?
発表内容から読み解く

イーロン・マスクが創業したニューラリンクが発表した脳コンピューター・インターフェイスは、一体何が新しいのか? 専門家に同社の発表内容について聞いた。 by Antonio Regalado2019.07.22

7月16日の深夜、イーロン・マスクのファンとアンチたちは、インターネットに釘付けだった。テスラ(Tesla)のCEO(最高経営責任者)を務める億万長者のマスクが、ニューラリンク(NeuraLink)による初の公開プレゼンテーションをインターネットでライブ中継したのだ。ニューラリンクは、人間の脳をコンピューターにつなげるという劇的な(だが、まったく目新しいとは言えない)目標を掲げ、マスクが2年前に立ち上げた企業だ。

ニューラリンクはどのような方法を取ったのだろうか?

3時間におよぶライブ中継は、マーケティング的なショーと無味乾燥な技術解説で構成され、マスクとニューラリンクのチームは、社運を賭けて開発中の脳機械インターフェイスの設計について説明した。脳の中に数十本の細いワイヤーを取り付け、脳の中の信号を収集するというものだ。近く、麻痺患者の脳に取り付け、思っていることをタイプできるかどうか実験するという。最終的な目標は、これらのワイヤーを、耳の後ろに補聴器のように装着できる思考トランスミッターに接続することだ。

ニューラリンクのテクノロジーが実際のところどれほど新奇性があり、高度なものなのか? MITテクノロジーレビューは発表翌日、複数の専門家に問い合わせた。答えは、ニューラリンクの脳インターフェイス・システムは最先端ではあるものの、未解決の非常に困難な問題をいくつも抱えているというものだった。アルファベット傘下のディープマインド(Deepmind)に勤務する神経科学理論家であるアダム・マーブルストーン博士は、ニューラリンクを「装備を整えたが、実際にはまだ山に向き合っていない登山隊」にたとえた。

https://twitter.com/AdamMarblestone/status/1151366525762375680

ニューラリンクの何が新しく、何がそうでないか? MITテクノロジーレビューが専門家の意見をもとにまとめた結論は以下の通りだ。

全般的なアイデア:新しくない。 科学者らはおよそ15年前から、脳インプラントを患者にテストし、コンピューターのカーソルやロボットアームを動かせるようにしてきた。だが、それが実施されたのは研究の場だけだった。

設計のアプローチ:「概念的にはすばらしいです。 脳コントロールは、研究室から社会に出て実用化される必要があります」と語るのは、ピッツバーグ大学の脳インターフェース研究者であるアンドリュー・シュワルツ教授だ。シュワルツ教授は以前、2人の麻痺患者が心に念じることで器用なロボットの腕をコントロールする実験に成功した。だが、この実験装置は、2人の患者の頭に太いワイヤーを挿入する非常に複雑なもので、研究室の外に持ち出すのは不可能だった。シュワルツ教授は、ニューラリンクはより有用な脳インプラントを実現するための適切な工学的問題に取り組んでいるよう見えるが、「どれほど現実的なのかは分かりません」と言う。

プロセッサー: ニューラリンクは、ニューロンからの電気的ノイズを鮮明なデジタル信号に変えるための、小型の専用コンピューターチップを紹介した。ビット …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る