KADOKAWA Technology Review
×
【本日最終日!!】1/31まで!お得に購読できるキャンペーン実施中

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

FBメッセンジャーに「送信後削除」機能実装へ 「特権」批判受け
Facebook’s disappearing message saga is the act of a company in turmoil

FBメッセンジャーに「送信後削除」機能実装へ 「特権」批判受け

フェイスブックがマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)のメッセンジャーでのやりとりを削除したことが明らかになり、フェイスブックはこの機能を誰もが利用できるようにすると述べた。現在のフェイスブックの苦境を考えると、何ら不思議ではない対応だ。

テッククランチ(TechCrunch)によると、複数のフェイスブック・ユーザーがザッカーバーグCEOとメッセンジャーで交わしたやりとりが編集され、ザッカーバーグCEOから届いたメッセージが見られなくなっていたことに気づいたという。フェイスブックはザッカーバーグCEOの意思を尊重し、法的義務を「完全に順守」するためにメッセージを削除したとしている。

他のユーザーと同じシステムを使っているにも関わらず、ザッカーバーグCEOら一部幹部だけに送信済みのメッセージを削除できる特権が与えられ、ユーザーの受信箱を無断で改ざんしていたという事実に対して、当然のことながら非難の声が挙がった。フェイスブックはテッククランチに対して、今後数カ月以内に、メッセージの送信後削除機能を本格展開すると述べている。その間、ザッカーバーグCEOは勝手にメッセージを削除することはできない。

大規模なデータ・スキャンダルが明るみになったいま、フェイスブックはダメージを最小限に食い止めようとしている。ザッカーバーグCEOは先週、いくつかの発表によってメディア向けのキャンペーンを展開した。ザッカーバーグCEOが4月10日と11日に議会で証言するときに言及できる、新たなプライバシー対策を講じるためだ。議員らがフェイスブックを規制するかどうかを決定するという事態は、ザッカーバーグCEOにとって望ましくない展開だ。メッセージ削除に関する話は、論争を鎮めるためにフェイスブックが全力を尽くしていることを示す、もう1つの例である。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.04.08, 9:55
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
購読キャンペーン実施中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る