KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

グーグル元幹部の「空飛ぶタクシー」がニュージーランドで飛行中 Larry Page’s air taxis are already flying above New Zealand

グーグル元幹部の「空飛ぶタクシー」がニュージーランドで飛行中

スタートアップ企業のキティ・ホーク(Kitty Hawk)が製造した新型の完全電気自律航空機は、もう何カ月も試験飛行を繰り返している。

ニューヨーク・タイムズによると、  グーグルの親会社アルファベットのラリー・ペイジCEO(最高経営責任者)が資金を提供し、グーグルの元役員でスタンフォード大学のセバスチャン・スラン教授(非常勤)が率いるこの企業は、ニュージーランドでコラ(Cora)と呼ぶ航空機をエアー・タクシーとしてテストしている。ニュージーランド政府はキティ・ホークと連携して、規制当局の承認を取り付けた。

コラは12個の回転翼を使ってヘリコプターのように離陸し、飛行機のように飛ぶ。1度の充電で約100キロメートル飛び、最高高度は約914メートル、最高速度は時速約177キロメートルに及ぶ。

キティ・ホークは、3年以内にこの航空機の実用化を目標としている。ユーザーが飛行機をタクシーのように呼べる、ウーバー(Uber)のようなアプリを開発中だ。

空飛ぶタクシーの実用化は、たびたび話題にはなったが、これまで実現した試しはない。そのうえウーバーやエアバスなど、多くの競争相手がいる。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.03.14, 9:55
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る