KADOKAWA Technology Review
×
【新規購読者限定】ひと月あたり1000円で始められるキャンペーン実施中!
カリフォルニア州、2045年までに「炭素ゼロ発電100%」実現へ
UC Davis College of Engineering
持続可能エネルギー Insider Online限定
California advances an ambitious climate policy that should be a model for the world

カリフォルニア州、2045年までに「炭素ゼロ発電100%」実現へ

カリフォルニア州で、2045年末までに州の電力を100%カーボンフリーとする法案が成立する。50%達成は比較的容易と見られているが、残り50%の達成ははるかに難しくコストがかかるとされており、エネルギー貯蔵システムへの大規模投資や送電インフラの拡張、新たな技術革新が必要になる可能性がある。 by James Temple2018.08.31

ホワイトハウスが気候に関する規制を弱めようと躍起になる中、カリフォルニア州はクリーンエネルギーの展開を加速させている。

2045年末までに州の電力を100%カーボンフリーとすることを義務付ける法案が8月28日、カリフォルニア州議会を通過した。世界で最も積極的なクリーンエネルギー政策が、知事の決裁を待つことになる。

カリフォルニア州の経済規模と法案の野心的な目標を考えると、「米国の歴史上で最も重要な気候法です」と語るのは、カーネギー研究所のエネルギー・エコノミストであるダニー・カレンワード弁護士だ。

世界的な排出量や気候リスクに実際に影響を及ぼすには、世界レベルで同様の対応をする必要があるだろう。だがカリフォルニアは事実上、技術的な実現可能性を試す試験台となっており、クリーンエネルギー技術を展開する巨大市場を提供し、他の州や国が利用できる多くの知識を生み出している。カリフォルニア大学バークレー校のエネルギーエコノミストであるセベリン・ボレンスタイン教授はそう語る。

「私たちは、間欠性の再生可能エネルギーの割合が高くても送電網を運営できることを示しています。世界各地に輸出できる技術です」。

カリフォルニア州がやろうとしていることは、トランプ政権下での連邦政策とは対極にある。トランプ大統領は就任から6カ月を待たずして、画期的なパリ協定から米国の脱退を表明(「パリ協定離脱をトランプ大統領が発表、再交渉も要求」を参照)。とりわけクリーン電力計画の内容を薄めて、石炭業界を支える方向に動いている。さらに、連邦政府の自動車排出基準を後退させ、カリフォルニアなどの州が独自基準を設定する権限を奪っている。

50%を達成

カリフォルニア州の新法案「SB-100」はまだ、上院での承認を得る必要がある。昨年、上院を余裕を持って通過した後に変更された部分があるためだ。だが、それは法案成立の障害にならないだろう。

今回の法案により、カリフォルニア州が以前に打ち出した再生可能エネルギー50%達成のスケジュールが、2030年から2026年に前倒しさ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る