KADOKAWA Technology Review
×
人間とロボットの「協働」でモノづくり現場を革新するベンチャー
Jake Belcher
知性を宿す機械 無料会員限定
Car makers are testing a way for humans to team up with dangerous robots

人間とロボットの「協働」でモノづくり現場を革新するベンチャー

自動車メーカーの工場ではずっと以前から産業用ロボットが使われているが、人手のみに頼る工程もまだ残っている。こうした工程でも、人間とロボットが協働できればより効率的に作業ができるはずだ。スタートアップ企業のヴェオ・ロボティクスは、人間と協働できるロボットと、協働のシナリオを開発している。 by Mike Orcutt2018.09.20

自動車メーカーはすでに何十年も、工場でロボットを使用してきた。しかし、工場で使われている巨大な産業機械は、人間が近くで一緒に作業をするにはあまりにも愚かで危険だ。「ヴェオ・ロボティクス(Veo Robotics)」というスタートアップ企業は今、この問題を解決すべく取り組んでいる。人間の同僚と共に、安全に作業ができる作業ロボットを生み出そうとしているのだ。

いくらヴェオがスタートアップ企業とは言っても、単に速く動くだけで、周囲のものを壊してしまうロボットを作るわけにはいかない。なぜならロボットが壊してしまう周囲のものとは、この場合、人間であるからだ。9月12日に開かれたMITテクノロジーレビュー主催のカンファレンス「EmTech(エムテック)」で、同社のクララ・ヴー最高経営責任者(CEO)はそう語った。だからこそ、複数の大手メーカーがすでにヴェオのテクノロジーをテストし、人間と工場ロボットが共に、安全に働くシナリオを検討し始めている事実は意義深いのだ。

製造業者 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る