KADOKAWA Technology Review
×
自動運転のキーパーソンが集結「Future of Society Conference」11/30開催! チケット販売中 「Future of Society Conference」
11/30開催! チケット販売中
世界中で暗躍するロシアの荒らし集団、ツイッター分析で特定
コネクティビティ Data mining has revealed previously unknown Russian Twitter troll campaigns

世界中で暗躍するロシアの荒らし集団、ツイッター分析で特定

ソーシャル・メディアに偽情報を投稿することによる選挙への干渉など、荒らし行為の問題が深刻化している。ペンシルベニア州立大学の研究者は、大量のツイッター投稿をフォレンジック分析することで、荒らし集団に固有の特徴を見い出し、これまで見逃されてきた偽情報拡散活動を特定できることを示した。 by Emerging Technology from the arXiv2018.11.09

人間の活動はあらゆる種類の痕跡を残す。分かりやすい痕跡もあれば、そうでない痕跡もある。たとえば、ツイッターのようなサービスに投稿されたメッセージは確かに分かりやすい。しかし、あるユーザーが長期間にわたってツイートするパターンは、そう簡単には分からない。

さまざまな研究者がこうしたパターンの研究を始めており、特定のタイプのアカウント、とりわけ、大量に投稿するアカウントは特定できることを見い出した。たとえば、1日24時間継続的に投稿するアカウントは、人間が操作しているとは考えにくい。ある種のボットが動作している明確なサインとなる。

ボットほど明らかではないが、人間も特定のパターンを示す。特に、大量のツイートを投稿するアカウントでは特有のパターンが現れ、フォレンジック分析で識別できる。

ロシアの荒らし集団が2016年の米国大統領選への干渉を試みて投稿したメッセージを含む興味深いツイートを集めたコーパス(大量の自然言語を集めた大規模データベース)がある。現在、研究者がこのコーパスに含まれるツイートを分析して、荒らし集団に固有の特徴が含まれていないか探している。そうした特徴を使って、同じ荒らし集団による、これまで見逃されていた他の偽情報拡散活動を特定しようという考えだ。しかし、そんなことができるのだろうか。

この問題に対し、ペンシルベニア州立大学のクリストファー・グリフィン准教授とブラディ・ビッケルによる研究が一つの答えを出してくれている。グリフィン准教授とビッケルはフォレンジック分析により、こうしたツイートにおける固有の特徴を特定し、その特徴を利用して他の偽情報拡散活動の証拠を見つけたのだ。「2016年の米国選挙だけでなく、フランス総選挙、ドイツの地方選挙と連 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
2018.11.30
外苑前TEPIAホール
FUTURE of SOCIETY
自動運転のトップ研究者と都市デザインのスペシャリストが集結
100年ぶりの「移動手段の進化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか?自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考える、MITTR発のテクノロジー・カンファレンス。
Special Guest原研哉
チケット好評発売中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る