KADOKAWA Technology Review
×
サッカーW杯でビール関連ツイート急増 1位はブラジル、日本は?
Rawpixel | Unsplah
ビジネス・インパクト Insider Online限定
How beer-related tweeting climaxed during the World Cup

サッカーW杯でビール関連ツイート急増 1位はブラジル、日本は?

サッカーの試合とビールの間にある関連性を、ツイッターへの投稿数に基づいて調査した結果が発表された。その内容は、両者の関連性に興味を抱いたことのある人にとって、納得できるものとなった。 by Emerging Technology from the arXiv2019.01.07

私たちの社会に影響を与える多くの要素の中で、ツイッター、ビール、サッカーの組み合わせが、正当な評価を得ることはめったにない。

だが、ベルリンにあるドイツ人工知能研究センターのローランド・ローラーらの研究のおかげで、状況は変わった。ローラーら研究チームはツイッターを使って、今年のサッカーワールドカップ大会の開催中にビールに対する関心が国ごとにどう変化したかを調査したのだ。その結果は、すばらしいサッカーの試合とアルコールの関連に興味を抱いた経験のある人にとっては、納得できる安堵感をもたらすものだった。

2018年のワールドカップは、6月14日から7月15日までロシアで開催された。参加32カ国のチームがそれぞれ3試合ずつ戦い、上位16位までのチームが決勝トーナメントに進み、決勝戦はフランスが勝利した。

ローラーたちが私心を捨てて調査したこととは、対戦するチーム各国におけるビールに対する関心が、試合前、試合中、試合後にどのように変化したかということである。

調査では、ワールドカップ大会中に投稿されたツイートの中から、ビールや酒などアルコールに関連する絵文字などを含むツイートを、どの国で投稿されたということと併せて収集した。こうしたツイートの発生率の基準値を調べるために、試合が実施されていないときの投稿頻度も調べた。

こうした測定の結果、ブラジルとイギリスが …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る