KADOKAWA Technology Review
×
AIのルール作り主導、カナダとフランスが政府間パネルを発表
Element AI.
知性を宿す機械 無料会員限定
Canada and France propose an international panel to assess AI’s dangers

AIのルール作り主導、カナダとフランスが政府間パネルを発表

カナダとフランスがAIに関する政府間パネルの設立を発表した。広く参加を呼びかけ、人工知能(AI)の倫理問題に関するルールづくりを主導したい考えだ。米国と中国の対立が深まる中、優秀な技術者を多数輩出してきた両国が呼びかける意義は大きい。 by Will Knight2018.12.13

人工知能(AI)開発の主導権をめぐる中国と米国の競争が激化する中、AIの倫理に関する議論の高まりを受け、カナダとフランスがリーダーに名乗りを上げている。

12月始め、G7の加盟国がモントリオールに集結し、AIの影響について話し合った。カナダのジャスティン・トルドー首相とフランスのデジタル担当ムニール・マジュビ副大臣は、「AIに関する政府間パネル(International Panel on Artificial Intelligence)」の創設を発表した。現在、立ち上げ中のこの国際的な連立では、AI技術者や科学者がAIに関するテクノロジーの危険性を評価したうえで、参加国が適切な政策を立てる計画だ。

AIに関するG7のマルチ・ステークホルダー会議の最後に、トルドー首相は、「カナダがAIで世界のリーダーになれば、この分野において今後直面する倫理的な問題を率先して解決する義務も負うことになります」と語った。

トルドー首相とフランスのエマニュエル・マクロン大統領は、今年初めにAIにおいて協力すると発表していたが、詳細はほとんど明かしていなかった。

トルドー首相のスピーチ後、マジュビ副大臣はイン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る