KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
コネクティビティ Shut Down the Internet, and the Economy Goes With It

政府によるネット接続の遮断は経済の停止を招く悪手である

反体制派を封じ込めるためにインターネットを遮断すると、経済的な打撃があることがわかった。 by Mike Orcutt2016.10.25

政府がインターネットのアプリやサービスを遮断すると、その国の経済に損失があることが、新しい分析により明らかになった。

各国のオンライン活動の中断が招くコストを予測したブルッキングス研究所のダレル・ウェスト部長の調査によると、昨年度は、19カ国で81件のネット接続の分断があり、少なくとも24億ドルの損益があった。

各国政府は、反対意見を封じ込めたり、ある会社を法制度に服従させるといったさまざまな理由で、自国のインターネット接続を遮断する。2011年、エジプト政府はインターネット接続を5日間遮断し、反政府派同士の通信を妨害した。ブラジル政府は2016年5月、ユーザーデータの提出を拒絶したメッセージングアプリWhatsAppの通信を遮断した

経済活動は従来よりずっとインターネットに依存しており、このような中断は「非常に逆効果です」とウェスト部長はいう。

国家レベルの遮断による経済的損失額を算出するために、ウェスト部長は、ボストン・コンサルティング・グループによるある国のGDPのうち、インターネット経済が締める割合の研究を参考にした。研究によると、もっともインターネット化が進んでいる英国は12.4%、日本は5.6%、もっとも進んでいないインドネシアは1.4%で各国各様だ。ウェスト部長は、世界銀行の加入者データを使って、携帯ネットワークを遮断する費用を見積もり、マサチューセッツ工科大学の経済学者による最近の研究結果により、個別のデジタルアプリの価値を算出した。ウェスト部長のモデルは、インターネットがもたらす雇用数を割り出そうとした最近の研究も基になっている。

ただし、発展途上国ではデータを収集しにくく、この研究結果は確固とはいえない。それでも、電子商取引は急成長しており、「24億ドルの損益」は少なめの見積もりだとウェスト部長はいう。

モバイルマネーへの依存度が高いアフリカ諸国などでは、特に問題は深刻だ。経済コストの分析があまりされていないため、国の指導者は、インターネットが使えなくなることの経済損失が頭にないかもしれない、とウェスト部長はいう。しかし、インターネットを遮断している政府は「国の経済に自ら災いを招いています」とウェスト部長はいう。

人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Why “Magnetic Tape” is to be restored in the IoT era なぜ今、磁気テープなのか? IoT時代に躍進する データストレージ
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム
  5. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
マイク オルカット [Mike Orcutt]米国版 共同編集者
マイク・オルカットはMIT Technology Reviewの共同編集者です。ワシントンDCに駐在して、米国政府がどのように新興技術を取り入れているか(または取り入れていないか)がわかるような動向を追いかけています。また ワシントンでは、新しいテクノロジー的機会や産業に関わったり妨げになったりする出来事や論争を取材しています。連絡は、mike.orcutt@technologyreview.comまでお願いします。
「コネクティビティ」の記事
人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Why “Magnetic Tape” is to be restored in the IoT era なぜ今、磁気テープなのか? IoT時代に躍進する データストレージ
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム
  5. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント