KADOKAWA Technology Review
×
【8/15締切】来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
Shut Down the Internet, and the Economy Goes With It

政府によるネット接続の遮断は経済の停止を招く悪手である

反体制派を封じ込めるためにインターネットを遮断すると、経済的な打撃があることがわかった。 by Mike Orcutt2016.10.25

政府がインターネットのアプリやサービスを遮断すると、その国の経済に損失があることが、新しい分析により明らかになった。

各国のオンライン活動の中断が招くコストを予測したブルッキングス研究所のダレル・ウェスト部長の調査によると、昨年度は、19カ国で81件のネット接続の分断があり、少なくとも24億ドルの損益があった。

各国政府は、反対意見を封じ込めたり、ある会社を法制度に服従させるといったさまざまな理由で、自国のインターネット接続を遮断する。2011年、エジプト政府はインターネット接続を5日間遮断し、反政府派同士の通信を妨害した。ブラジル政府は2016年5月、ユーザーデータの提出を拒絶したメッセージングアプリWhatsAppの通信を遮断した

経済活動は従来よりずっとインターネットに依存しており、このような中断は「非常に逆効果です」とウェスト部長はいう。

国家レベルの遮断による経済的損失額を算出するために、ウェスト部長は、ボストン・コンサルティング・グループによるある国のGDPのうち、インターネット経済が締める割合の研究を参考にした。研究によると、もっともインターネット化が進んでいる英国は12.4%、日本は5.6%、もっとも進んでいないインドネシアは1.4%で各国各様だ。ウェスト部長は、世界銀行の加入者データを使って、携帯ネットワークを遮断する費用を見積もり、マサチューセッツ工科大学の経済学者による最近の研究結果により、個別のデジタルアプリの価値を算出した。ウェスト部長のモデルは、インターネットがもたらす雇用数を割り出そうとした最近の研究も基になっている。

ただし、発展途上国ではデータを収集しにくく、この研究結果は確固とはいえない。それでも、電子商取引は急成長しており、「24億ドルの損益」は少なめの見積もりだとウェスト部長はいう。

モバイルマネーへの依存度が高いアフリカ諸国などでは、特に問題は深刻だ。経済コストの分析があまりされていないため、国の指導者は、インターネットが使えなくなることの経済損失が頭にないかもしれない、とウェスト部長はいう。しかし、インターネットを遮断している政府は「国の経済に自ら災いを招いています」とウェスト部長はいう。

人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
マイク オルカット [Mike Orcutt]米国版 准編集者
暗号通貨とブロックチェーンを担当するMITテクノロジーレビューの准編集者です。週2回発行しているブロックチェーンに関する電子メール・ニュースレター「Chain Letter」を含め、「なぜブロックチェーン・テクノロジーが重要なのか? 」という疑問を中心に報道しています。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る