1. コネクティビティ
    グーグルは中国市場にいち早く参入し、突然、中国政府に打撃を与える形で撤退した。その後の中国の成長したインターネット市場を狙って、グーグルは中国市場への再参入を試みている。しかし、したたかな中国政府、いらだつ米国政府、人権侵害に沸騰する世論という3者を相手に自らの進退も決められなくなっている。 Matt Sheehan2年前
  2. 知性を宿す機械
    フェイスブックが掲げる「AI検閲」が難しい3つの理由
    フェイスブックに蔓延するヘイトスピーチやフェイクニュースなどの不適切なコンテンツを検知して削除するのに、マーク・ザッカーバーグCEOは人工知能(AI)を使うことに楽観的だ。しかし、現実的には非常に困難だろう。 Will Knight3年前
  3. コネクティビティ
    グーグルはいかにして
    ヘイト、テロ、デマと
    戦ってきたか
    アルファベット(グーグル)傘下のジグソーのメンバーは、ときに紛争地へ飛ぶこともある。インターネットを悪用したテロやフェイクニュース、荒らしといった問題と戦うテクノロジーを開発するためだ。これまでの取り組みをヤスミン・グリーン研究開発部長が語った。 Martin Giles3年前
  4. コネクティビティ
    フィリッパ・ジル(マサチューセッツ大学アーマスト校)
    インターネット検閲を判定する手法を編み出し、イエメンで実証した研究者。 Kyanna.Sutton3年前
  5. コネクティビティ
    フェイスブック、児童ポルノの通報を放置?
    世界最大のソーシャル・メディアの運営企業が問題のあるコンテンツに対処できないなら、ユーザー発信型メディアのルール順守には別の方法が必要だ。しかし、第三者機関に審査を委託するにしても人工知能に任せるにしても、まだ完全ではない。 Jamie Condliffe4年前
  6. コネクティビティ
    Facebookのねつ造ニュース問題は、真偽判定のアウトソーシングで済むのか?
    フェイスブックは、ニュースフィードに表示される記事が本当がどうかはどうでもいいと思っている。 Jamie Condliffe4年前
  7. コネクティビティ
    ねつ造ニュースは放置でも、フェイスブックが中国向けに検閲ツールを提供した理由
    フェイスブックが中国向けに開発したコンテンツ検閲ツールは、米国のねつ造ニュースを規制する目的では使えない。 Jamie Condliffe4年前
  8. コネクティビティ
    政府によるネット接続の遮断は経済の停止を招く悪手である
    反体制派を封じ込めるためにインターネットを遮断すると、経済的な打撃があることがわかった。 Mike Orcutt4年前
  9. コネクティビティ
    マーク・ザッカーバーグはなぜ中国にこびを売るのか?
    中国政府はソーシャルメディアと、そこでのユーザーの発言を統制するのが好きだ。だがフェイスブックは中国進出に積極的のようなのだ。 Emily Parker4年前