ロボット工学

Humans Will Bully Mild-Mannered Autonomous Cars 安全重視の自動運転車は、周りの自動車や歩行者、自転車にナメられる

運転者、歩行者、サイクリストは、リスク回避的な自動運転車を間抜け扱いすることがわかった。 by Jamie Condliffe2016.11.04

自動運転車の前に飛び出しても、止まってくれるはずだ。運転中に自動運転車を追い越せば、ブレーキを踏むに違いない。自動運転車に搭載されているわかりやすい安全機能は、人間に振り回されやすい。タクシーが全て自動運転になったとき、ニューヨークの道路は自転車がタクシーを気にせずに走れる夢のような場所になるだろう。

そのような事態を、ボルボは恐れている。ガーディアン紙の取材に対し、技術部門責任者のエリック・コリン上級リーダーは、近日中にロンドンで予定されている試運転で、興味本位で実験が妨害されないよう、自動運転車とは表示しないつもりだという。

「表示があれば、面白半分で急ブレーキを踏んだり、邪魔をする人が出てくるに決まっています」

実際、グーグルでは既に同様の問題があった。自動運転車が非常に消極的な場合、一時停止標識の前からなかなか前進できず、立ち往生している間に後方車に追い越されてしまうケースがあった。標識の前で止まってしまう問題の解決策として、グーグルは人間が意思表示するのと同じように、交差点で少しずつ自動運転車を前進させることにした。

自分勝手で乱暴な運転をする人は常に存在するから、自動車を人間と同じくらい図々しくしても、解決にはならない。かえって事故の原因になってしまう。実際、ディスカバー誌の記事によれば、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の調査によって、自動車を「荒っぽく」運転する人ほど、自律自動車の導入を好ましく思っていると判明した。簡単に自律自動車を出し抜けると、その種の人が思っているのが原因 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。