KADOKAWA Technology Review
×
いまならワンコインで購読できます!
お試しキャンペーン
機械学習で誰でも「憧れの声」になれる新技術、なりすまし危険も
知性を宿す機械 This AI lets you deepfake your voice to speak like Barack Obama

機械学習で誰でも「憧れの声」になれる新技術、なりすまし危険も

機械学習の手法を使うことで、自分の声を、あらゆる年齢やジェンダーの声にリアルタイムで変換できるテクノロジーが開発された。訓練用の音声データさえあれば誰の声でも模倣することが可能で、声による「なりすまし」に悪用される可能性もある。 by Will Knight2019.03.19

これが私のもう1人の自分、ケイティだ。

しゃべり声のアクセントや感情、抑揚はすべて私のものだ。だが、声の高い若い女性のように聞こえる。

私の女性的な「ボイス・スキン」を作ったのは、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるモデュレート・ドットAI(Modulate.ai)という企業だ。同社は機械学習を用いた強力な新種の手法によって、声の特徴をコピーして、モデリングし、操作することを可能にした。

このテクノロジーは、カイロ・レン(スター・ウォーズの登場人物)のような声で話せるようにする単純な音声フィルターを遥かに超えるものだ。この手法を使えば、あらゆる年齢、ジェンダー、声のトーンなどをすべて、リアルタイムで装うことが可能になる。有名人の声を模倣することもできる。その気になれば、私はケイティになりすまして電話で長々と話すこともできるのだ。

私はモデュレートの本社を訪れ、同社のテクノロジーや目標について聞き、人工知能(AI)を使って他人の声を模倣することの倫理的影響について話した。防音ブースに入った私は、同社のボイス・スキンをいくつか試してみた。

これが私の実際の声だ。

そしてこちらが別の人格の声だ。

2つの人格の間を、リアルタイムで行き来することもできる。

このボイスモデリング・テクノロジーは完璧ではない。作られた声には若干の震えがある。だが非常に質が高く、音声データを与えていくとさらに改善される。このことは、機械学習の発展がいかにデジタル・リアリティを急速に変化させ始めているかを示している。モデュレートは敵対的生成ネットワーク(GANs)を用いて、音声信号のオーディオ特性のキャプチャーとモデリン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
月額500円(2カ月間)で購読できるクーポン配布中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
月額500円(2カ月間)で購読できるクーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る