KADOKAWA Technology Review
×
なぜ男性の避妊にはコンドームとパイプカットしかないのか?
生命の再定義 無料会員限定
Why We Still Don’t Have Birth Control Drugs for Men

なぜ男性の避妊にはコンドームとパイプカットしかないのか?

男性避妊法の研究は失敗の多い分野だが、いくつかの有力候補が準備を着々と進めている。 by Emily Mullin2016.11.14

ここ数十年で女性は、ピルや避妊パッチ、避妊スポンジ、ペッサリー、避妊注射、避妊リング、子宮内避妊用具(IUD)など、多くの方法を選べるようになった。一方、男性が選べるのはコンドームとパイプカット(精管切除)だけだ。

原因は男性がさまざまな方法に前向きでないことではない。男性用避妊薬の研究開発はずっと不振が続いており、数多くの試みが途中で放棄され、未完成のままなのだ。研究者は男性用避妊薬が製品化するには主な課題が2つあるという。まず、女性の排卵は月に一度抑制すればよいが、男性は毎日数百万の精子を生産しており、抑制は生物学的にずっと複雑であることだ。もうひとつは、男性向けの避妊薬は臨床試験の予算が十分でないことだ。

ごく最近、世界保健機関(WHO)が以前支援した研究結果が10月に発表され、避妊薬を注射された男性が相手の女性の妊娠を効果的に阻止したことがわかった。だが、当該臨床試験は2011年に外部委員会の勧告により中止された。試験中に被験者1人が自殺、他の被験者にもうつ病の症状が出るなど、深刻な副作用が現れたのだ。

男性用避妊注射の研究報告書の共著者で、非営利の学術研究機関コンラッドのダグラス・コルヴァード副所長(プログラム担当)は、残念な結果だという。ホルモン剤(プロゲストゲンとテストステロンの混合物)の研究は、コンラッドもWHOも別の手法を再試験するほどの資金がなく、臨床試験段階から進むことはないだろう、とコルヴァード副所長はいう。

男性に、精子形成の抑制を目的にホルモンを投与する避妊法は、40年にわたって、男性用避妊薬でも広く研究されてきた形態だ。別のホルモン避妊薬が使われた1045人の中国人男性を対象にした有名な試験では、避妊の効果があり、しかも可逆的(投与をやめれば元に戻る)に精子の形成が抑制されることがわかった。だが、製造元の浙江仙琚製薬は、追 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る