コンピューティング

Consumer Insurance Can Save Shoppers from Floods of Fake Gadgets 偽物だらけの中国で、なぜ独身の日にモノが売れるのか?

中国のネット販売は売上額を急増させているが、消費者は欠陥商品や偽物を警戒している。そこで、中国のネット販売業者は顧客に買い物保険を提供している。 by Yiting Sun2016.11.15

アリババグループは、2009年以来、毎年11月11日に開催されているシングル・デイ(独身の日)の24時間、電子機器や衣類、化粧品の販売キャンペーン「2016 11.11 Global Shopping Festival」を開催した。買い物客は、イーベイ風のショッピングプラットフォームで、セール開始の数週間前から予約注文し、当日深夜に始まるセールを心待ちにする。先週金曜日に開催された今年の売上額は、過去最高を更新する1207億元(約180億ドル)で、2015年から32%上昇、新記録を樹立した。

だが、この大きな売上高には、予測できない返品や配送面での問題を増やす恐れがある。また、eコマースの消費者は、偽造品等の問題に直面することが多く、配達された商品がWebページで見た商品が違っているかもしれないと心配している。

そこで、オンライン販売業者と買い物客との信頼関係の溝を埋める新産業として生まれたのが買い物保険だ。保険料は数円から数百円で、オンラインショッピングで生じた損害を補うさまざまな契約があるが、おおむね返品や損傷 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。