1. 知性を宿す機械
    BAT3社が支配、中国AI産業が抱える「圧倒的弱点」
    近年、躍進が著しい中国のAI産業は、バイドゥ、アリババ、テンセントのテック大手3社に大きく依存している。この3社の持つ専門技術と資金力が2030年までに世界一のAI大国になるという中国の野望を支えている一方で、基礎技術を軽視した投資によって、AI産業の成長が頭打ちになる可能性もある。 Karen Hao61日前
  2. ビジネス・インパクト
    アリババは、複雑な人間同士の会話に対処する音声アシスタントを提供している。1日につき何百万件ものリクエストを扱うその実力はグーグルをも上回る。 Karen Hao4カ月前
  3. 知性を宿す機械
    アリババのCTOがMITテクノロジーレビューの単独取材に応じ、AIチップ子会社の設立、量子コンピューター開発の狙いを語った。 Yiting Sun6カ月前
  4. 知性を宿す機械
    スタートアップ企業のリゲッティ・コンピューティング(Rigetti Computing)が、クラウドを介した新たな量子コンピューティング・サービスの提供を開始する。現時点での世界最高性能である128キュービットの量子プロセッサーを利用したサービスも今後、提供する予定だ。 Martin Giles7カ月前
  5. 知性を宿す機械
    AIビジネスの主戦場は今後、クラウドに移行していく。アマゾン、グーグル、マイクロソフトのビッグ3のうち、市場を制するのはどこか? シリコンバレーを25年間取材してきたピーター・バロウズがレポートする。 Peter Burrows11カ月前
  6. 知性を宿す機械
    中国の巨大テック企業のアリババは、もはや単なる電子商取引の企業ではない。巨額の資金をAIをはじめとする基礎技術の研究・開発に投資しており、クラウド向けの独自の深層学習ツールも開発している。政府の後押しもあり、世界のAIの発展に深く関わってくることは間違いない。 Will Knight12カ月前
  7. 知性を宿す機械
    AI技術の未来をかけて激突、中国と米国の覇権争い
    中国と米国が、次世代の大きなコンピューティング・パラダイムとなることが予想される人工知能(AI)技術における覇権を巡って、し烈な競争を始めようとしている。どの企業が支配的な地位を獲得するかで、どのようなAIサービスが広く普及するかが決まってくるかもしれない。 Will Knight14カ月前
  8. 知性を宿す機械
    過去最高の「独身の日」に
    ひっそりとデビューした
    アリババのAIスタイリスト
    驚異的な売上を記録したアリババの「独身の日」セール。その裏側ではアリババがいま注力している、あるプロジェクトの成果がひっそりとデビューしていた。 Yiting Sun17カ月前
  9. 知性を宿す機械
    中国は官民挙げてAIの開発、実用化に取り組み、世界のリーダーになろうとしている。AIによる雇用の削減などといったマイナス面に眼を向ける欧米諸国は、AIによる新しい経済や富の創造に注目すべきだ。 Will Knight17カ月前
  10. 知性を宿す機械
    3年で150億ドル投資、アリババCTOが語る桁違いの研究開発の狙い
    アリババは、新しく立ち上げたIoT、フィンテック、量子コンピューティング、AIなどの新興技術を研究する組織を立ち上げ、150億ドル以上を投資すると発表した。責任者に任命されたジェフ・チャンCTOが、DAMOのビジョンを語った。 Yiting Sun18カ月前
  11. 知性を宿す機械
    ガン・ワン (アリババ)
    消費者向けAIの製品化で最前線に立つ研究者。 Kyanna.Sutton2年前
  12. ビジネス・インパクト
    アリババのジャック・マー会長が米国の中小企業を口説いている。内需だけで事業が成り立つ米国の小売業に越境を促し、高品質な「メイド・イン・USA」商品を求める中国人の旺盛な需要に応えるのが目的だが、米国人に根強い「中国は生産地」との意識を変える必要がある。 Emily Parker2年前
  13. ビジネス・インパクト
    ハンギング・ウー(アリババ・クラウド)
    低コストでDDoS攻撃に対抗できる新しい対策方法を開発した。 Kyanna.Sutton2年前
  14. 知性を宿す機械
    中国で音声アシスタントが
    大ブレイクする可能性
    日本はどうなる?
    日本が出遅れている音声アシスタントの分野で中国が急速に米国を追い上げている。アリババやバイドゥから続々と製品が登場し始めた。しかし、英語などに比べて中国語は複雑であり、自然な会話を実現するには課題も多い。 Yiting Sun2年前
  15. 知性を宿す機械
    日本の金融機関でも顧客対応や営業支援にAIを活用しようという動きは広がっている。だが、自らをフィンテックではなく「テックフィン企業だ」と主張する中国のアント・フィナンシャルは一歩も二歩も先を行っている。 Will Knight2年前
  16. コネクティビティ
    偽物だらけの中国で、なぜ独身の日にモノが売れるのか?
    中国のネット販売は売上額を急増させているが、消費者は欠陥商品や偽物を警戒している。そこで、中国のネット販売業者は顧客に買い物保険を提供している。 Yiting Sun2年前
  17. ビジネス・インパクト
    ヤフー、3つの偉業
    企業の命脈はつきても、歴史に刻まれる3つの偉業をヤフーは成し遂げた。 Tom Simonite3年前