KADOKAWA Technology Review
×
5Gの先にあるモバイルの未来——6Gが形作る世界を予想する
Ms. Tech
コネクティビティ Insider Online限定
Ready for 6G? How AI will shape the network of the future

5Gの先にあるモバイルの未来——6Gが形作る世界を予想する

モバイル通信の世界にもうすぐ5Gがやってくる。4Gよりも大幅に高速化される5Gはさまざまな活用方法が検討されているが、研究者たちはすでにその先の未来を見ている。 by Emerging Technology from the arXiv2019.08.21

モバイル通信技術は、この世界を理解する方法、人と世界との関わり方、人と人との関わり方に変化をもたらした。21世紀の生活をこれ以上強烈に形作った技術は、ほかにないだろう。

現在、最新技術の第5世代移動通信システム(5G)が世界の一部地域で展開されているが、当然のことながら、ここから新たな疑問も湧いている。さらにこの先、第6世代移動通信システム(6G)の開発を後押しする要素は何か? 6Gは5Gとどう違うのか? 6Gは5Gではなし得ない、どんなインタラクションやアクティビティを実現するのだろうか?

その1つの解答らしきものが、ドイツにあるヤーコプス大学ブレーメン校のラズヴァン・アンドレイ・ストイカとジュセッペ・アブルー教授の研究から見えてきた。アブルー教授らは、5Gの限界と6Gの開発を後押しすると考えられる要因を挙げ、その結果、モバイル通信技術の中心的な原動力となるのは「人工知能(AI)」であり、6Gはまったく新しい世代のマシンインテリジェンスへの応用を助ける力になるだろうと結論づけた。

まず、その背景について説明しよう。5Gは、あらゆる基準において前世代である4Gから大幅に進歩している。世界初の5Gネットワークではすでに最大毎秒600メガビット(Mbps)のダウンロード速度を実現しており、この先も飛躍的に高速化するポテンシャルを持つ。それに比べて4Gのダウンロード速度は、一般的に最大毎秒28メガビットである。しかもほとんどのモバイルユーザーは時々よく分からないままにその数字がゼロになる経験をしているはずだ。

5Gはこの点で明らかに優れており、将来的にほとんどの固定電話接続にとってかわる可能性すらある。

だが、5Gの恩恵はそれだけにとどまらない。たとえば、5Gの基地局は最大100万台の接続に対応できるよう設計されている。これに対して、4Gの基地局が対応できるのはせいぜい4000台だ。スポーツイベントや展示会な …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6世界を変えるイノベーター50人

mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者——。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る