KADOKAWA Technology Review
×
サハラ砂漠の牧畜民たち
人工衛星が変える「水探し」
持続可能エネルギー Insider Online限定
How do cow herders spot water in the Sahara? With satellites, of course.

サハラ砂漠の牧畜民たち
人工衛星が変える「水探し」

気候変動により干ばつが頻繁に起こるようになり、サハラ砂漠の辺縁部では水探しがますます困難になっている。マリ共和国の牧畜民たちはいま、従来のようにオートバイ乗りやラクダ乗りに頼む代わりに、地球観測衛星が撮影した画像を頼りに水場を目指している。 by Tim McDonnell2019.05.22

西アフリカのマリ共和国北部で50年にわたって牛飼いをしているアブドゥル・アグ・アルワリーは、これまでほぼずっと、同じ方法を使って牛たちのための水を探していた。オートバイ乗りかラクダ乗りに金を払い、ガオ市を取り巻く砂漠に点在する小川や井戸の水位を調べて回ってもらっていたのだ。この方法は費用も時間もかかるうえ、リスクが伴うものだった。時には、何日もかけて牛の群れを歩かせた末に、事前に受け取った情報が間違っていたり、別の群れがその水場に一番乗りしていたりするのを知るはめになっていた。

アルワリーによれば、近年、気候変動によって水探しはさらに大変になったという。彼の住んでいる場所は、サヘルという、サハラ砂漠南部に大きく帯状に広がるひどく乾燥した灌木地帯の中にある。ここでは、世界の平均に比べて気温がより急激に上昇し、干ばつがより頻繁に起こり、植生はより乏しい。降雨が不安定なため、砂漠で従来使われてきた水飲み場は水源として当てにならなくなってきた。アルワリーの話では、水を探している途中で動物たちが命を落とすことが頻繁にあり、水をめぐる争いが暴力沙汰になることもよくあるという。

そこで、アルワリーは新しいやり方を試している。地元の家畜飼育組合の代表を務める彼は昨年、衛星画像を使って水の手がかりを探すことを始めていた。「携帯電話と25CFAフラン(米ドル換算で約4セント)があれば、水のありかがわかるのです。しかも、ずっと確かな見込みを持った上で動くことができます」とワルワリーは話す。

アフリカ大陸の全土で、気温上昇と不規則な降雨が、何百万人もの小規模農家や牧畜民にとって深刻な脅威となっている。超局地的なリアルタイムの人工衛星データは、干ばつや不作の危険を告げる初期の兆候を検出するために使える。人工衛星による画像撮影はより安価かつ豊富、高解像度になっており、そこから得られる大量のデータをコンピューターで管理・分析するのも、より容易になっている。それに伴い、気候変動の影響に日々取り組んでいる人々に、データを直接届ける手段を探そうとする民間企業や非政府組織(NGO)が増えている。

アルワリーは、通信事業者であるオレンジ(Orange)が提供している試験的なサービスを使っている。このサービスは、欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星、「センチネル」シリーズから毎日送られてくる写真を分析し、マリ北部の遊牧民たちに水のありかや餌場の最新情報を提供するというものだ。アルワリーがマリの首都、バマコにあるコールセンターに電話をかけたり、携帯電話のショートメッセージを送ったりすると、技術スタッフが色分けされた衛星画像を詳しく調べてくれる。この画像には、地形を写した薄い色 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る