KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。
セレブたちがメットガラで披露した、美しき3Dプリンター製ドレス
Zac Posen/Protolabs/GE Additive
コネクティビティ 無料会員限定
These amazing Met Gala looks took more than a thousand hours of 3D printing

セレブたちがメットガラで披露した、美しき3Dプリンター製ドレス

セレブたちが集う有名フェッション・イベント「メットガラ」で、3Dプリントで製作したドレスが披露された。モデルのジャーダン・ダンが着用した衣装はおよそ14キロ。製作には1100時間以上を費やしたという。 by Erin Winick2019.05.13

5月6日の夜、思いもよらないようなイベントに3Dプリントが登場した。それは、「メットガラ(Met Gala)」だ。

メットガラは、ニューヨークのメトロポリタン美術館のための資金集めのイベントだ。参加するセレブたちが着用する印象的で野性的、かつアバンギャルドな衣装で知られている。今年は、デザイナーのザック・ポーゼンが、GEアディティブ(GE Additive)およびプロトラブズ(Protolabs)と共同製作した5点の衣装が、3Dプリントされた仰々しいコンポーネントを誇示しながら会場を闊歩した。モデルのジャーダン・ダンや女優のケイティ・ホルムズらが着用した4点のドレスと1点のヘッドドレスには、パーツの組み立に6カ月を要したものもある。

3Dプリントされた衣装を着用した女性たちは、デザイン用ソフトウェアを使って各自の身体にぴったり合う作品を確実にモデル化できるように、あらかじめ身体をスキャンされた。

作品は、ポーゼンが求める高品質の仕上がりを実現するために、主に光造形法(SLA:stereolithography)を用いて製作された。光造形法は、紫外線レーザーを利用して樹脂プールをゆっくりと硬化させる手法だ。1度に1層ずつ、3Dモデルが読み込まれているコンピューターが指示するパターンに従ってレーザーが樹脂中に照射される。出来上がった硬く滑らかな造形物には、その後塗装または研磨が施される。

英国人モデルのジャーダン・ダンが着用したバラの花びらを型どった、もっとも手の込んだ衣装は、製作に1100時間以上かかった。「これらのパーツを簡単に済ませようと思ったことは一度もありません。限界の壁を越えたかったのです」と、プロトラブズのアプリケーション・エンジニアであるエリック・アトリーはいう。

ポーゼンがメットガラのレッドカーペットに3Dプリントを利用したり、あるいはテクノロジーを取り入れ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る