KADOKAWA Technology Review
×
太陽帆を軌道へ、スペースXがファルコン・ヘビーの打ち上げに成功
Bob O'Connor
ビジネス・インパクト 無料会員限定
SpaceX’s latest Falcon launch has put a solar sail into orbit

太陽帆を軌道へ、スペースXがファルコン・ヘビーの打ち上げに成功

スペースX(Space X)は6月25日、同社製ロケット「ファルコンヘビー」の3度目の打ち上げに成功した。注目は、ペイロードの1つであるキューブサット衛星「スぺーライトセイル2号」だ。 by Charlotte Jee2019.06.26

スペースX(Space X)は東部標準時6月25日午前2時30分(日本時間同16時30分)、「ファルコンヘビー」ロケットをフロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げた。今回の打ち上げは、世界最大のロケットであるファルコンヘビーにとって3度目のミッションであり、米国防総省などの顧客から委託された24基の人工衛星を積載している。

そのうちの1基であるキューブサット衛星「ライトセイル2号(LightSail-2)」の巨大な太陽光反射帆は、およそ1週間で展開し、太陽からの光の運動量を捕捉して宇宙船を推進するエネルギーへと変えるだろう。

ファルコンヘビーは、米国航空宇宙局(NASA)から依頼された装置もいくつか運搬している。興味深いのは、宇宙船に搭載されたシステムを利用して針路を決定することを可能にする「深宇宙原子時計」だろう。ファルコンヘビーはまた、宇宙葬を手がける企業セレスティス(Ce …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る