KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
太陽帆を軌道へ、スペースXがファルコン・ヘビーの打ち上げに成功
Bob O'Connor
SpaceX’s latest Falcon launch has put a solar sail into orbit

太陽帆を軌道へ、スペースXがファルコン・ヘビーの打ち上げに成功

スペースX(Space X)は6月25日、同社製ロケット「ファルコンヘビー」の3度目の打ち上げに成功した。注目は、ペイロードの1つであるキューブサット衛星「スぺーライトセイル2号」だ。 by Charlotte Jee2019.06.26

スペースX(Space X)は東部標準時6月25日午前2時30分(日本時間同16時30分)、「ファルコンヘビー」ロケットをフロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げた。今回の打ち上げは、世界最大のロケットであるファルコンヘビーにとって3度目のミッションであり、米国防総省などの顧客から委託された24基の人工衛星を積載している。

そのうちの1基であるキューブサット衛星「ライトセイル2号(LightSail-2)」の巨大な太陽光反射帆は、およそ1週間で展開し、太陽からの光の運動量を捕捉して宇宙船を推進するエネルギーへと変えるだろう。

ファルコンヘビーは、米国航空宇宙局(NASA)から依頼された装置もいくつか運搬している。興味深いのは、宇宙船に搭載されたシステムを利用して針路を決定することを可能にする「深宇宙原子時計」だろう。ファルコンヘビーはまた、宇宙葬を手がける企業セレスティス(Celestis)から依頼された152人分の遺灰も運んでいる。

The Falcon rocket blasts off from Cape Canaveral
ケープ・カナベラルから飛び立つファルコンロケット
AP

だが、このミッションのもっともわくわくする運搬物は、何と言っても「ライトセイル2号」だ。クラウドファンディングによって資金を調達した惑星協会は、衛星打ち上げを10年間も待ちわびてきた。来週のどこかの時点で巨大な太陽光反射帆が広がったとき、元は1970年代にカール・セーガンによって提案されたテクノロジーが実践で使い物になるかどうか、初めて調べるチャンスがやって来るだろう。

ライトセイル2号の目標は、地表から720キロメートルに達した後、1年間に渡って軌道上を周回することだ。地上のエンジニアは反射帆の角度を調整することによって、ちょうどヨットと同じ要領で、ライトセイル2号を操縦できる。だが、ライトセイル2号は風の代わりに、マイラー(ポリエステルの一種)製の反射帆にぶつかってくる光子のエネルギーを使って動く。

An artist's impression of the Lightsail once it's unfurled in orbit
あるアーティストによる、軌道上で広がったライトセイルのイメージ
The Planetary Society

太陽光反射帆は、長きにわたってアーサー・C・クラークやジュール・ヴェルヌをはじめとするSF小説の題材にされてきた。反射帆は、理論上は時間をかければ驚異的なスピードに達することができるため、星間旅行の可能性を秘めたテクノロジーとして論じられてきたのだ。

後味の悪い話もある。スペースXのビジネスモデルの核になっているのは、再利用型ロケットだ。今回の打ち上げでは米国防総省の機器が搭載されている。同省が使用済みロケットでの打ち上げを許可したのはこれが初めてだ。

ファルコンヘビーのツインブースターは無傷でケープ・カナベラルに着陸したものの、中央ブースターはドローン船上への着陸の際にターゲットを見失い、水中で爆発してしまった。ブースターの回収に失敗したのはこれが2度目だが、ブースターがドローン船に戻ってくるスピードが速いため、今回の着陸は極めて困難なものになるだろうとスペースXはあらかじめ宣言していた。

MITテクノロジーレビュー[日本版]は、宇宙ビジネスの可能性をキーパーソンとともに考えるイベント「Future of Society Conference 2019」を11月29日に開催します。詳しくはこちら
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る