KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
Four Huge Cities Are Banning Diesel Cars

パリやメキシコシティーがディーゼル車の市内乗り入れを2025年までに規制へ

新規制は、大気汚染を改善し、電気自動車の普及につながる。 by Jamie Condliffe2016.12.05

パリやマドリッド、アテネ、メキシコ・シティーは、2025年までに、ディーゼル・エンジンを搭載した自動車とトラックの市内への乗り入れ禁止を決定した。4市は空気の汚れがよく話題になるが、10年以内に空気を思い切り吸い込めそうだ。

ガーディアン紙によれば、C40サミット(世界大都市気候先導グループ、気候変動にともに挑むことを誓った40都市の国際ネットワーク)の声明で、大気汚染を軽減する取り組みとして、都市中心部におけるディーゼル車の使用に関連して発表された。パリ市のアンヌ・イダルゴ市長は、この政策は4市が「大気汚染やそれによって引き起こされる健康被害と人々の死を、これ以上は受け入れない」ことを示しているという。

ディーゼル車は米国ではそれほど普及していないが、ヨーロッパの道路でディーゼル車が数多く走っているのは、ガソリン車よりも燃費がよく、ヨーロッパ諸国の燃料価格は米国よりかなり高いのが原因だ。米国でディーゼルとガソリンの価格はそれぞれ1リットル当り60セントと64セントだが、フランスでは1.3ドルと1.5ドルもするのだ。

ディーゼル車は燃費でも価格でも優れている反面、ディーゼル・エンジンは燃焼時にガソリン・エンジンより多くのすすと窒素酸化物を排出する。また最近の研究によれば、毎年世界中で亡くなる300万人以上の原因に、ディーゼル・エンジン由来の排出物が関わっている。

しかし、ディーゼル車をクリーンにする努力は報われていない。フォルクスワーゲンの「クリーン・ディーゼル」車が実際にはクリーンではなかった事実の発覚は記憶に新しい。パリ、マドリッド、アテネ、メキシコ・シティーの手法は、もっと単純にディーゼル・エンジンの使用禁止によって、問題に対処しようとしている。だが、都市のどの地域で規制するか、どんな段階を経て規制を導入するか、といった具体的な点は声明では明らかにされておらず、実施内容は不明な状態だ。

大気汚染対策が動機の政策ではあるが、ディーゼル車の規制は気候変動対策にもよい影響がありそうだ。メキシコ・シティーのミゲル・アンヘル・マンセラ市長は、規制が公共交通機関の整備を促進させるよい機会と考えており、アテネ市のギョルゴス・カムニス市長は、自動車の都市への乗り入れを一切禁止にする長期的計画の一部と見ているようだ。

規制は、電気自動車の採用促進を後押しするだろう。MIT Technology Reviewが以前から伝えてきたように、持続可能なエネルギーの利用には、この種の大胆な規制が必要なのだ。

(関連記事:Guardian, “Global Air Pollution Is Getting Worse, but Removing It Could Worsen Climate Change,” “What the VW Scandal Means for Clean Diesel,” “ガソリン車と電気自動車の主役交代は2020年代後半”)

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
  5. What we can do with GPT-3 to enhance our creativity? GPT-3が新社名を発案、「AIと働く」を実践してみた
タグ
クレジット Photograph by Fred Dufour | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
  5. What we can do with GPT-3 to enhance our creativity? GPT-3が新社名を発案、「AIと働く」を実践してみた
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る