KADOKAWA Technology Review
×
ロボット版「イメージネット」目指す、UCバークレーの巨大映像DB
Getty
知性を宿す機械 無料会員限定
Welcome to robot university (only robots need apply)

ロボット版「イメージネット」目指す、UCバークレーの巨大映像DB

ニューラル・ネットワークを用いてロボットに新しいタスクを学習させようとすると、大量の学習用データを用意する必要がある。カリフォルニア大学バークレー校の研究者らは、ロボットを動かすニューラルネットを訓練するための映像を大量に蓄積した公開データベースを作成しようとしている。 by Emerging Technology from the arXiv2019.11.15

人工知能(AI)革命の陰の立役者として、データベースである「イメージネット(ImageNet)」の存在がある。プリンストン大学の研究者が開発したイメージネットには、約1400万枚の画像が含まれ、各画像には画像内容を説明する注釈テキストがクラウドソーシングで付けられている。

イメージネットは現在の高性能ニューラル・ネットワークの多くが初期経験を積むのに使う重要なデータベースだ。ニューラル・ネットワークはデータベース上の画像と付随テキストを使って学習し、データベースが大きいほど学習効果が上がる。イメージネットやその他の画像データセットがなければ、最も高性能なニューラル・ネットワークでさえ何も認識できない。

ロボット工学者は現在、同様の手法で、映像を使って、周囲の環境との相互作用の方法をニューラル・ネットワークに学習させたいと考えている。カリフォルニア大学バークレー校の大学院生であるスディープ・ダサリらの研究チームが作成している「ロボネット(RoboNet)」と呼ばれるデータベースは、まさにその目的を達成するためのものだ。ロボネットには、テーブルの向こう側へカップを動かすロボットの映像データなど、動作中のロボットの注釈付き映像データが多数含まれている。ロボネットのデータは誰でもダウンロードでき、ロボットを制御するニューラル・ネットワークの訓練に使える。訓練によって、たとえば、そのニューラル・ネットワークがカップを扱うのが初めてだとしても、カップを動かせるようになる。

ダサリらの研究チームは、ロボネットを、ほぼすべてのロボットに対し、ほぼすべてのタスクの実行を事前に訓練させられるリソースに成長させたいと考えている。いわば、一種の「ロボット大学」である。

ロ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る