KADOKAWA Technology Review
×
観測史上最も強力なガンマ線バースト、発生源は45億光年彼方
DESY, Science Communication Lab
ビジネス・インパクト 無料会員限定
We’ve detected the most powerful gamma-ray bursts on record

観測史上最も強力なガンマ線バースト、発生源は45億光年彼方

かつて想像もしなかったほど強力なガンマ線バーストが観測された。これらのガンマ線バーストはそれぞれ、45億光年および60億光年の彼方に発生源があると考えられ、何十億年も前に宇宙の彼方で何が起こっていたのか、より明らかにするのに役立つだろう。 by Neel V. Patel2020.01.06

電磁波の中で最もエネルギーが大きい領域に当たるガンマ線が、狭い領域から短時間で大量に放出される現象である「ガンマ線バースト」は、我々の知るところでは宇宙で最も強力な爆発だ。巨大な星がブラックホール、または中性子星に重力崩壊した時に発生すると考えられている。

科学者たちは最近、かつて想像もしなかったほど強力なガンマ線バーストを発見した。ネイチャー(Nature)誌に発表された3本の新しい論文では 、2つの天文学者チームが、可視光よりも1000億倍以上強力なエネルギー測定値を放出するガンマ線バーストを2つ、検出したことを報告している。実際、そのうちの1つは1兆倍も強力だった。前例のない2つの発見は、このようなエキゾチックなイベントをより多く見つけ、何十億年も前に宇宙の彼方で何が起こっていたのか、より明らかにするのに役立つだろう。

「ガンマ線バーストは、私たちがこれまで知っている何よりも強力です」と、マックスプランク研究所の天体物理学者であり、2つの論文の共著者であるラズミク・ミルゾヤン博士は言う。「それはまさに驚くべきことです」。

これらのガンマ線バーストは2カ所の観測所で検出された。カナリア諸島にある2つの望遠鏡を使用する「マジック(MAGIC:Major Atmospheric Gamma Imaging Cherenkov)ガンマ線望遠鏡」システムと、ナミビアの5つの望遠鏡アレイである「高エネルギー立体視システム(HESS:High Energy Stereoscopic System)」だ。いずれも、解像型大気チェレンコフ望遠鏡(IACTs:Imaging Atmospheric Cherenkov Telescopes …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る